CD 輸入盤

ピアノ協奏曲第2番、断章(補筆完成版)、変ホ長調 ゾフィー=マユコ・フェッター、ペーター・ルジツカ&ハンブルク交響楽団

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OC1710
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第2番&変ホ長調

2020年の「ベートーヴェン・イヤー」に向けて珍しい作品が次々とリリースされていますが、このアルバムに収録されている曲もかなりレアと言えるでしょう。ピアノ協奏曲第2番はベートーヴェンの初期作品で、モーツァルトよりもヨハン・クリスチャン・バッハの影響が強い端正な風情を持っていますが、こちらは通常のレパートリー。しかし変ホ長調 WoO4はベートーヴェン14歳頃の作品で、ほとんど演奏されることがありません。
 「第0番」と呼ばれることもあるこの曲を来日経験もあるゾフィー=マユコ・フェッターは、1806年ブロードウッド製のフォルテピアノを用い、当時の響きを再現しています。
 また、時に「第6番」と呼ばれることもある未完となったニ長調の協奏曲は1814年から1815年頃に作曲されたと推測される作品。70ページほどのスケッチが残されています。完成すれば、第4番のあでやかさと第5番の力強さを更に発展させた壮大な作品になるはずでしたが、ベートーヴェンは何らかの理由により途中で筆を折ってしまいました。ここでは研究家たち(ニコラス・クック&ヘルマン・デシャント)による補筆完成版でお楽しみください。(輸入元情報)

【収録情報】
ベートーヴェン:
● ピアノ協奏曲ニ長調 断章 Hess15 - Allegro(クック&デシャントによる完成版)
● ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 Op.19
● ピアノ協奏曲変ホ長調 WoO4


 ゾフィー=マユコ・フェッター(ピアノ)
 ハンブルク交響楽団
 ペーター・ルジツカ(指揮)

 録音時期:2019年2月25,28日、5月14,15日
 録音場所:Laeiszhalle, Hamburg
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

 世界初録音:Hess15補筆完成版

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品