ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ピアノ協奏曲第5番『皇帝』、第3番 ワイセンベルク、カラヤン&ベルリン・フィル(1977東京 ステレオ)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TFMC0040
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

初出! 未放送蔵出し音源!
1977年に収録されるもFM東京に眠っていた未公開音源がついに発売!
カラヤン&ワイセンベルク黄金コンビ、この美音にしてこの迫力!


奇跡的に保存されていた、日本が誇る名エンジニア故若林駿介氏によるカラヤン&ベルリン・フィルのステレオ・ライヴ録音。1977年に収録されるもFM東京に眠っていた未公開音源がついにディスク化されました。カラヤン&ワイセンベルク黄金コンビの往時多くの聴衆を魅了したこの美音にしてこの迫力は今聴いても圧巻です。(キングインターナショナル)

【収録情報】
1. ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番ハ長調 Op.37
2. ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 Op.73『皇帝』

 アレクシス・ワイセンベルク(ピアノ)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

 録音時期:1977年11月14日(1)、1977年11月17日(2)
 録音場所:東京、普門館
 録音方式:ステレオ(アナログ/ライヴ)
 録音エンジニア:若林駿介

内容詳細

77年の来日時に普門館で収録されたカラヤン指揮ベルリン・フィルのFM音源である。全盛期の気力充溢したカラヤンによる精緻な演奏に支えられ、ワイセンベルクが硬質なタッチで華々しく弾き切る2曲は驚くほど完成度が高い。忘れ難い演奏会の記録である。(彦)(CDジャーナル データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
いう事なしの名演奏。知人がこの公演に行き...

投稿日:2014/04/06 (日)

いう事なしの名演奏。知人がこの公演に行き、3番の協奏曲を聴いて翌日たいへん興奮した感想を述べていたのが懐かしい。下でfuka様が大阪で4番をお聴かれになったといいますが、4番は東京では演奏されておらず、しかも当日は後半「英雄の生涯」が演奏されたとのこと。なんとも羨ましい限りです。あと別の方が1977年に協奏曲も全曲演奏したとおっしゃられているがこれは初耳。1977年にこのコンビが協奏曲を演奏したのは大阪で4番とブラームスの2番、そして東京でこのCDに収録されている2曲だけと記憶しています。その後いろいろと調べたが、ベートーヴェンの1番と2番の2曲がいつ演奏されたかついに確認できませんでした。この2曲がいつ演奏されたのかじつに興味があります。録音があればぜひHMVから独占販売でもいいから販売してほしいですね。

ぼん さん | 神奈川県 | 不明

2
★
★
★
★
★
皇帝はあのカラヤン相手にけっこうワイセン...

投稿日:2013/06/30 (日)

皇帝はあのカラヤン相手にけっこうワイセンベルクが好き放題やっている感じで面白い。セッションのものとは全く違う感じでも時にはグールドみたいな印象を受ける。3番はコンサートの1曲目 というせいかオケが完全燃焼していない感じもあるが、第2楽章の抒情は、すばらしい。第3楽章は白熱のライブを堪能できる・・ワイセンベルクとカラヤンのライブ  もうこの時が最後だったのだろうか・・聴けたことにただ感謝・・

アッキ さん | 茨城県 | 不明

2
★
★
★
★
★
ベートーヴェンのピアノ協奏曲を聴く醍醐味...

投稿日:2013/03/24 (日)

ベートーヴェンのピアノ協奏曲を聴く醍醐味を十分に味わうことができます。この2曲の緩徐楽章の言葉を超えた美しさは、ベートーヴェン以外には求めることができないもののひとつです。臨場感も十分で、演奏会で実際に聴いているかのような素晴らしいライヴ録音です。私は当時大阪のフェスで両者の4番を聴いて感銘を受けましたが、30年余の時間を経て、こちらもいろいろな経験を踏み、当時とは違った(さらに深まった)感銘を受けました。それはとても瑞々しく、今更ながら素晴らしい音楽に触れることのできる幸せを感じさせてくれるものでもありました。

fuka さん | 東京都 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品