SACD 輸入盤

ピアノ協奏曲全集(第0〜5番)、ロンド、三重協奏曲、他 児玉麻里、ケント・ナガノ&ベルリン・ドイツ交響楽団、コーリャ・ブラッハー、ヨハネス・モーザー(4SACD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BCSA0001
組み枚数
:
4
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
SACD
その他
:
限定盤, ハイブリッド,輸入盤

商品説明


ベートーヴェン・イヤー2020
児玉麻里とケント・ナガノによるベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集
2019年録音の『第0番』も収録!
SACDハイブリッド、日本独自企画・限定盤


児玉麻里、ケント・ナガノによるベートーヴェンのピアノ協奏曲全集がSACDハイブリット盤で登場です。ベルリン・クラシックスから提供のハイレゾ・マスターを用いて、キング関口台スタジオにて、SACDマスタリングを施しました。2020年のベートーヴェン・イヤーに先駆けてリリースいたします。限定生産、日本独自企画商品となります。
 当録音は、2006年から2019年にかけて録音された力作。正統的で緻密な解釈のなかにも豊かな表情を示す児玉麻里は、ベートーヴェンのスペシャリスト。すでに録音されているピアノ・ソナタ全集も各国で高い評価を得ており、当盤でもその研ぎ澄まされた音色でフレーズのすみずみまで磨きあげられた世界が広がります。ベルリン・ドイツ交響楽団の奏でる親密な室内楽的なサウンドと、ケント・ナガノの丁寧な仕事ぶりも光るベートーヴェンです。
 また本セットには『ピアノ協奏曲第0番』と『ピアノと管弦楽のためのロンド』も収録されており、若きベートーヴェンの挑戦と充実した音楽性が示されています。児玉とナガノは、ベルリン州立図書館に所蔵されていた第0番の自筆譜にもあたり、緻密なリサーチを経て、両者で丁寧に解釈を深めていった演奏は、新たなベートーヴェン像を浮かび上がらせてくるものです。(販売元情報)

【収録情報】
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集(第0〜5番)


Disc1
1. ピアノ協奏曲第0番変ホ長調 WoO4
2. ピアノと管弦楽のためのロンド 変ロ長調 WoO6
3. 創作主題による15の変奏曲とフーガ 変ホ長調(エロイカ変奏曲) Op.35

 録音時期:2019年5月9,10日
 録音場所:ベルリン、イエス・キリスト教会

Disc2
4. ピアノ協奏曲第1番ハ長調 Op.15
5. ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 Op.19

 録音時期:2006年6月23,24日
 録音場所:ベルリン、テルデックス・スタジオ

Disc3
6. ピアノ協奏曲第3番ハ短調 Op.37
7. ピアノ、ヴァイオリン、チェロと管弦楽のための三重協奏曲ハ長調 Op56

 録音時期:2006年11月9,10日(6)、2010年2月9,10日(7)
 録音場所:ベルリン、ジーメンスヴィラ(6)、イエス・キリスト教会(7)

Disc4
8. ピアノ協奏曲第4番ト長調 Op.58
9. ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 Op.73『皇帝』

 録音時期:2013年3月5,6日(8)、2013年3月8,9日(9)
 録音場所:ベルリン、イエス・キリスト教会

 児玉麻里(ピアノ)
 コーリャ・ブラッハー(ヴァイオリン:7)
 ヨハネス・モーザー(チェロ:7)
 ベルリン・ドイツ交響楽団(1,2,4-9)
 ケント・ナガノ(指揮:1,2,4-9)

 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO

 国内プレス
 日本語帯・解説付


内容詳細

ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集が各国で高い評価を受けている児玉麻里が、ケント・ナガノと組んで、2006年から2019年にかけて完成させた渾身の全集。WoO.4(0番)やWoO.6(ロンド)など初期作品も興味深い。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. ピアノ協奏曲 第0番 変ホ長調 Wo04
  • 02. ピアノと管弦楽のためのロンド 変ロ長調 Wo06
  • 03. 創作主題による15の変奏曲とフーガ 変ホ長調(≪エロイカ変奏曲≫)Op.35

ディスク   2

  • 01. ピアノ協奏曲 第1番 ハ長調 Op.15
  • 02. ピアノ協奏曲 第2番 変ロ長調 Op.19

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品