SACD

ピアノ・ソナタ集(9曲) エミール・ギレリス(2SACD)(シングルレイヤー)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCGG9188
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
限定盤

商品説明

ベートーヴェン生誕250周年記念。
「鋼鉄のタッチ」と呼ばれたロシアの巨匠ピアニストによるソナタ集、初DSD化!
ベートーヴェン名盤SA-CD〜SHM仕様


【SA-CD〜SHM仕様】【シングルレイヤー】【初回生産限定盤】
70年代からドイツ・グラモフォンにベートーヴェンのピアノ・ソナタの録音をはじめ、1985年のギレリスの死によって全集を完成できずに終わってしまったベートーヴェンのピアノ・ソナタ集から、アナログ録音の9曲をDSDリマスタリング。SA-CD2枚組でリリースします。ロシア・ピアニズムの伝統を受け継ぎ、「鋼鉄のタッチ」を呼ばれたギレリスのピアノは、虚飾を配した格調高い演奏で今なお絶大な支持を得ています。今回のリマスターはベートーヴェン・イヤーにふさわしい復刻と言えるでしょう。(メーカー資料より)

【収録情報】
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集


Disc1
● 第6番ヘ長調 Op.10-2
● 第12番変イ長調 Op.26『葬送』
● 第16番ト長調 Op.31-1
● 第21番ハ長調 Op.53『ワルトシュタイン』

Disc2
● 第23番へ短調 Op.57『熱情』
● 第25番ト長調 Op.79『かっこう』
● 第26番変ホ長調 Op.81a『告別』
● 第27番ホ短調 Op.90
● 第28番イ長調 Op.101

 エミール・ギレリス(ピアノ)

 アナログ/セッション録音:
 1972年1月(第21番、第28番) ベルリン、UFAトーンスタジオ
 1973年6月(第6番、第23番)、1974年12月(第25-27番) ヨハネ修道院
 1975年9月(第12番、第16番) トゥルク、コンサートホール
 SACD Single Layer

 日本独自企画
 SACD対応プレイヤーで再生できます。

収録曲   

ディスク   1

  • 01. 第6番ヘ長調作品10の2
  • 02. 第12番変イ長調作品26≪葬送≫
  • 03. 第16番ト長調作品31の1
  • 04. 第21番ハ長調作品53≪ワルトシュタイン≫ (以上収録予定/曲順未定)

ディスク   2

  • 01. 第23番ヘ短調作品57≪熱情≫
  • 02. 第25番ト長調作品79≪かっこう≫
  • 03. 第26番変ホ長調作品81a≪告別≫
  • 04. 第27番ホ短調作品90
  • 05. 第28番イ長調作品101 (以上収録予定/曲順未定)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
☆
☆
☆

2.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
そろそろユニバーサルも、初期デジタル音源...

投稿日:2020/02/25 (火)

そろそろユニバーサルも、初期デジタル音源のアップコンバートによるSACD化を行わない硬直した対応は止めてはどうか?アナログ録音ほどではなくとも、SACDシングルレイヤー化による音質向上は望めると思う。(エソテリック等のSACD化で証明済み)このままでは当ギレリスの他録音やカラヤン、バーンスタイン等の80年代の名演を高音質盤で聴くことが叶わない。メーカーの再考を切にお願いしたい。

トロ さん | 不明 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品