CD 輸入盤

ピアノ・ソナタ第30番、第31番、第32番 マウリツィオ・ポリーニ(2019)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4838250
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


マウリツィオ・ポリーニ/ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30番〜第32番(2019)

2020年のベートーヴェン生誕250年のアニバーサリー企画。ビューローがピアノ音楽の「新約聖書」と呼んだベートーヴェンのピアノ・ソナタは、数あるピアノ・レパートリーの中でも中核をなす最も重要な作品群。その中でも最後の3つのソナタは、ベートーヴェンが到達した孤高の境地が示されています。
 2014年に完成したポリーニによるベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集は、1975年に録音された第30番、第31番からスタートしました。続いて1977年の第32番と、第28番&第29番が録音され、その後全集の完成までに39年を要しました。近年はショパンなど主要レパートリーの再録音を進めているポリーニですが、いよいよベートーヴェンの再録音に取り組みました。若き日の完璧な技巧から、深みと円熟を増し、ヒューマンな味わいで益々聴衆を魅了するポリーニによるベートーヴェン後期ソナタ集です。(輸入元情報)

【収録情報】
ベートーヴェン:
● ピアノ・ソナタ第30番ホ長調 Op.109
● ピアノ・ソナタ第31番変イ長調 Op.110
● ピアノ・ソナタ第32番ハ短調 Op.111


 マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)

 録音時期:2019年6月、9月
 録音場所:ミュンヘン
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)


ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
小生にとっては、ポリーニのベートーベン後...

投稿日:2019/12/28 (土)

小生にとっては、ポリーニのベートーベン後期ソナタは、ショパンの練習曲と並ぶ最高のCDでした。 衝撃の再録音です。 学生時代に聴いた30・31番の衝撃の演奏に圧倒され、「これ以上の作品・演奏・録音はない」と40年以上も確信し続けてきましたが、新録音はどんなものでしょうか? 全集の際に、28〜32番は再録音されるかな、と思っていましたが、されなかったので新録音が出るとは驚き以外のまにもんじょでもありません。 80歳近くになり、さすがにポリーニも大人しくなってしまったのでは?とも思います。次の再録音はショパンの練習曲を期待したいものです。

古き良き時代 さん | 大阪府 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品