CD 輸入盤

ピアノ・ソナタ全集 バレンボイム(2006)(10CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4783549
組み枚数
:
10
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集
ダニエル・バレンボイム


バレンボイム3度目の全曲録音。ピアニストとして少年時代にキャリアをスタートしたバレンボイムは、これまでにEMIとDGに全曲録音を行っていました。
 今回の全集は、2006年にベルリンでおこなわれたベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲演奏会をライヴ録音したもので、先にEMIから映像がリリースされていたものと同じ時期の演奏となります。
 そのEMIの映像作品でも非常に高い評価を得ていただけに、今回のデッカからのCD化は歓迎されるところです。(HMV)

【収録情報】
ベートーヴェン:
CD1
・ピアノ・ソナタ第1番ヘ短調Op.2-1
・ピアノ・ソナタ第2番イ長調Op.2-2
・ピアノ・ソナタ第3番ハ長調Op.2-3
CD2
・ピアノ・ソナタ第4番変ホ長調Op.7
・ピアノ・ソナタ第5番ハ短調Op.10-1
・ピアノ・ソナタ第6番ヘ長調Op.10-2
CD3
・ピアノ・ソナタ第7番ニ長調Op.10-3
・ピアノ・ソナタ第8番ハ短調Op.13『悲愴』
・ピアノ・ソナタ第9番ホ長調Op.14-1
・ピアノ・ソナタ第10番ト長調Op.14-2
CD4
・ピアノ・ソナタ第11番変ロ長調Op.22
・ピアノ・ソナタ第12番変イ長調Op.26
・ピアノ・ソナタ第13番変ホ長調Op.27-1
CD5
・ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調Op.27-2『月光』
・ピアノ・ソナタ第15番ニ長調Op.28『田園』
・ピアノ・ソナタ第16番ト長調Op.31-1
CD6
・ピアノ・ソナタ第17番ニ短調『テンペスト』Op.31-2
・ピアノ・ソナタ第18番変ホ長調Op.31-3
・ピアノ・ソナタ第19番ト短調Op.49-1
・ピアノ・ソナタ第20番ト長調Op.49-2
CD7
・ピアノ・ソナタ第21番ハ長調Op.53『ワルトシュタイン』
・ピアノ・ソナタ第22番ヘ長調Op.54
・ピアノ・ソナタ第23番ヘ短調Op.57『熱情』
・ピアノ・ソナタ第24番嬰ヘ長調Op.78
CD8
・ピアノ・ソナタ第25番ト長調Op.79
・ピアノ・ソナタ第26番変ホ長調Op.81a『告別』
・ピアノ・ソナタ第27番ホ短調Op.90
・ピアノ・ソナタ第28番イ長調Op.101
CD9
・ピアノ・ソナタ第29番変ロ長調Op.106『ハンマークラヴィーア』
・ピアノ・ソナタ第30番ホ長調Op.109
CD10
・ピアノ・ソナタ第31番変イ長調Op.110
・ピアノ・ソナタ第32番ハ短調Op.111

 ダニエル・バレンボイム(ピアノ)

 録音時期:2005年6月〜7月
 録音場所:ベルリン国立歌劇場
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Allegro
  • 02. Adagio
  • 03. Menuetto (Allegretto)
  • 04. Prestissimo
  • 05. Allegro vivace
  • 06. Largo appassionato
  • 07. Scherzo (Allegretto)
  • 08. Rondo (Grazioso)
  • 09. Allegro con brio
  • 10. Adagio
  • 11. Scherzo (Allegro)
  • 12. Allegro assai

ディスク   2

  • 01. Allegro molto e con brio
  • 02. Largo, con gran espressione
  • 03. Allegro
  • 04. Rondo (Poco allegretto e grazioso)
  • 05. Allegro molto e con brio
  • 06. Adagio molto
  • 07. Finale (Prestissimo)
  • 08. Allegro
  • 09. Allegretto
  • 10. Presto

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
4度目の全集でしかも、ライブ盤。 より、人...

投稿日:2013/01/03 (木)

4度目の全集でしかも、ライブ盤。 より、人間らしさ、経験から来る奥の深い解釈が面白い。 楽譜を理解した人じゃないと、このニュアンスが理解しにくいだろう。 バレンボイムの演奏は、楽器の質の美しさよりも、ベートーヴェンの書いた構築性を強く出し、それに基づいた演奏を展開する。 ライブ盤では、よりその構築性プラス感情移入が強い全集となっている。 より人間らしさが出た全集とも言える。

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品