CD 輸入盤

ピアノ・ソナタ全集 ツェヒリン(9CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BC18447
組み枚数
:
9
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ディーター・ツェヒリン
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集

旧東ドイツを代表するピアニストのひとり、ディーター・ツェヒリン[1926- ]は、ニコラーエワが優勝したことでも知られる、1950年のバッハ国際コンクールで特別賞を受賞して有名になり、その後、DDR芸術賞、DDR国家賞なども受賞し、着実に声望を高めていった人物です。
 今回初CD化となるベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集は、ツェヒリンが40代前半だった1960年代後半にセッション・レコーディングされたもので、堅実で折り目正しく示された構成感と、独特の落ち着いた雰囲気がなかなか魅力的です。慌てず騒がず着実にベートーヴェンの音楽を感じさせてくれるという点で、いまだにファンの多いことにも納得の内容といえるのではないでしょうか。

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集(9CD)
・ピアノ・ソナタ第1番ヘ短調op.2−1
・ピアノ・ソナタ第2番イ長調op.2−2
・ピアノ・ソナタ第3番ハ長調op.2−3
・ピアノ・ソナタ第4番変ホ長調op.7
・ピアノ・ソナタ第5番ハ短調op.10−1
・ピアノ・ソナタ第6番ヘ長調op.10−2
・ピアノ・ソナタ第7番ニ長調op.10−3
・ピアノ・ソナタ第8番ハ短調op.13『悲愴』
・ピアノ・ソナタ第9番ホ長調op.14−1
・ピアノ・ソナタ第10番ト長調op.14−2
・ピアノ・ソナタ第11番変ロ長調op.22
・ピアノ・ソナタ第12番変イ長調op.26
・ピアノ・ソナタ第13番変ホ長調op.27−1
・ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調op.27−2『月光』
・ピアノ・ソナタ第15番ニ長調op.28『田園』
・ピアノ・ソナタ第16番ト長調op.31−1
・ピアノ・ソナタ第17番ニ短調op.31−2
・ピアノ・ソナタ第18番変ホ長調op.31−3
・ピアノ・ソナタ第19番ト短調op.49−1
・ピアノ・ソナタ第20番ト長調op.49−2
・ピアノ・ソナタ第21番ハ長調op.53『ワルトシュタイン』
・ピアノ・ソナタ第22番ヘ長調op.54
・ピアノ・ソナタ第23番ヘ短調op.57『熱情』
・ピアノ・ソナタ第24番嬰ヘ長調op.78
・ピアノ・ソナタ第25番ト長調op.79
・ピアノ・ソナタ第26番変ホ長調op.81a『告別』
・ピアノ・ソナタ第27番ホ短調op.90
・ピアノ・ソナタ第28番イ長調op.101
・ピアノ・ソナタ第29番変ロ長調op.106『ハンマークラヴィーア』
・ピアノ・ソナタ第30番ホ長調op.109
・ピアノ・ソナタ第31番変イ長調op110
・ピアノ・ソナタ第32番ハ短調op.111
 ディーター・ツェヒリン(ピアノ)

 録音:1960年代後半(ステレオ)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. レビューに記載

ディスク   2

  • 01. レビューに記載

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
ものすごく期待して買ったCD。恐ろしく内...

投稿日:2014/09/21 (日)

ものすごく期待して買ったCD。恐ろしく内省的で、息苦しいくらい真面目で根暗なベートーヴェンです。これって、もうツェヒリンの写真そのものじゃありませんか。この人、全く聴いたことがなかったので、聴いてみてもうビックリです。完全に自分の世界に入り込んでいる演奏なので、嵌る人は嵌るでしょうねぇ。私は微妙です。かつて「学求的」の一言で片付けられた、というのも分かるような気がします。この世界が分からない人には全く面白味のない演奏でしょうからねぇ。愉悦感とか、伸びやかな気分とかは、全く別世界のことです。もう思い詰めた思いの丈をひたすら真剣にぶちまけてます。真剣すぎてテンポがつんのめったり、一本調子になるところが多々あり、テンポの変更が不自然で興を削がれます。そこを我慢して付き合っていると、唯一無二の独自の世界ゆえの面白さも出てきます。真剣さにほだされるんでしょうか。

greyfalcon さん | 福岡県 | 不明

2
★
★
★
★
★
どうして、みなさんこの演奏を聴かないので...

投稿日:2012/05/22 (火)

どうして、みなさんこの演奏を聴かないのでしょうか。レビューも少ないですね。ネームですか?似非評論家の所為でしょうね。その昔、学究的と一蹴され見向きもされなかったんです。心を空っぽにしてよく聴いてみてください。この演奏から何を感じとれるか、解かるとおもいます。そろそろ本物を見極めてください。真の全集完成者はグルダ、園田高弘そしてツェヒリンだけです。

ひこぼし さん | 東京都 | 不明

5
★
★
★
★
★
何種類ものベートーヴェンのソナタCD集を...

投稿日:2012/05/01 (火)

何種類ものベートーヴェンのソナタCD集を聴いて来ましたが、このCDに出会ってからは、もうツェヒリンが一番になりました。ここで聴こえるベートーヴェンはとにかく素晴らしいです。一気に一番から最後まで聴いてしまいました。

ムッシュ さん | 東京都 | 不明

9

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品