ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

グレン・グールド 若き日の記録 第4集〜ベートーヴェン:独奏、重奏そして協奏

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ALT487
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


種々の編成で聴かせる才気。グールド若き日の鮮烈なるベートーヴェン!

『ある日、コロンビア・レコードのオッペンハイムはシュナイダーに、リパッティのようなピアニストはいないかと尋ねた。シュナイダーは、トロントにグレン・グールドというのがいると答えた。「少し変人だが、素晴らしい、催眠術のような効果をピアノから引き出す。」』

「ALTUS」最新技術で鮮やかに蘇る、グールド若き日の貴重なCBC録音。才気ほとばしる類まれな感性、CBS専属契約前に残した名演奏が望みうる最高の音質で登場!
 シリーズ第4集はベートーヴェンの種々の編成の楽曲で構成。ピアノ・トリオにはブダペスト弦楽四重奏曲の第2ヴァイオリン奏者アレクサンダー・シュナイダーが参加しています。彼はこの録音に参加したことでグールドを知り、のちにコロンビア・レコードの責任者デイヴィッド・オッペンハイムにグールドを推薦してデビューのきっかけを与えた人物であり、その意味でも歴史的に重要な演奏が収められていると言えるでしょう。
 『バガテル』は後年のソニー録音と比べると、速めのテンポによるみずみずしい演奏。ドイツ系指揮者ハインツ・ウンガーがガッチリと構築した管弦楽に若きグールドが相対するピアノ協奏曲も聴きごたえたっぷりの快演です。
 ジャケット・デザインはシルバーを用いたこだわりの印刷。画面上の画像データでは再現できない色になっておりモノとしての価値も十分。詳細な日本語解説を含め、ぜひコレクションに加えたいアルバムです。

※なるべく本来の響きを削ぐことのないようリマスターしているため、マスターに起因するノイズがございます。ご了承ください。(販売元情報)

【収録情報】
ベートーヴェン:
1. 6つのバガテル Op.126
2. ピアノ三重奏のためのアレグレット 変ロ長調 WoO.39
3. ピアノ三重奏曲第5番ニ長調 Op.70-1『幽霊』
4. ピアノ協奏曲第3番ハ短調 Op.37


 グレン・グールド(ピアノ)
 アレクサンダー・シュナイダー(ヴァイオリン:2,3)
 ザラ・ネルソヴァ(チェロ:2,3)
 ハインツ・ウンガー指揮、CBC交響楽団(4)

 録音時期:1952年9月28日(1)、1954年7月18日(2,3)、1955年2月21日(4)
 録音場所:カナダ、CBC
 録音方式:モノラル

 国内プレス
 日本語帯・解説付

収録曲   

  • 01. 6つのバガテル 作品126 (モノラル)
  • 02. ピアノ三重奏のためのアレグレット 変ロ長調 WoO 39 (モノラル)
  • 03. ピアノ三重奏曲第5番 ニ長調『幽霊』 作品70-1 (モノラル)
  • 04. ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 作品37 (モノラル)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品