ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

DVD

カラヤン/ベートーヴェン・コレクション(9DVD−BOX)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SIBC51
組み枚数
:
1
:
日本
画面サイズ
:
通常
:
カラー
フォーマット
:
DVD

商品説明

ベートーヴェン・コレクション(9DVD−BOX)

完全生産限定盤
日本独自企画盤
カラヤン&ベルリン・フィル、不滅の金字塔がDVD−BOX化!

ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕100周年特別企画。ベルリン・フィルと収録したベートーヴェン交響曲全集に加え、ムターをソリストに迎えたヴァイオリン協奏曲、ベルリン・フィル創立100周年コンサートの『英雄』交響曲、更には今回初商品化となる『ミサ・ソレムニス』、『序曲集』を収録したBOXセット。1960年代〜70年代にかけて第1回の映像版ベートーヴェン交響曲全集を制作したカラヤンですが、それから20数年かけて到達した結論が、このテレモンディアル原盤の全集と言えるでしょう。まさしく、20世紀を代表する巨匠カラヤンのテスタメント。シリーズ白眉とも言うべき、名演奏の集大成。マエストロの偉業と称え、BOXとしてリリース!

このテレモンディアルのベートーヴェン・シリーズは、カラヤンにとって4度目となったDGへの交響曲全集レコーディング(1982〜84年)そのほかと並行して収録されたものですが、第9番は全集レコーディング終了後の1986年に収録された映像作品、ヴァイオリン協奏曲とブラームスの悲劇的序曲もDGへの録音とは収録年が異なる別演奏。また、ベルリン・フィル創立記念コンサートの『英雄』はテレモンディアルとドイツZDFとの共同制作によるライヴ収録で、CDでは発売されていないものです。

Disc-1:
・交響曲第1番ハ長調 op.21(1984年1月23-31日)
・交響曲第8番ヘ長調 op.93(1984年2月18-24日)
Disc-2:
・交響曲第2番ニ長調 op.36(1984年2月18-24日)
・交響曲第3番変ホ長調 op.55『英雄』(1984年1月23-31日)
Disc-3:
・交響曲第4番変ロ長調 op.60(1983年11月29日-12月6日)
・交響曲第5番ハ短調 op.67『運命』(1982年11月18-21日)
Disc-4:
・交響曲第6番ヘ長調 op.68『田園』(1982年11月18-21日)
・交響曲第7番イ長調 op.92(1983年11月29日-12月6日)
Disc-5:
・交響曲第9番ニ短調 op.125『合唱』(1986年9月19-29日)
 レッラ・クベッリ(ソプラノ)
 ヘルガ・ミュラー=モリナーリ(メゾ・ソプラノ)
 ヴィンスン・コール(テノール)
 フランツ・グルントヘーバー(バリトン)
 ウィーン楽友協会合唱団
 ヘルムート・フロシャウアー(合唱指揮)
Disc-6:
・交響曲第3番変ホ長調 op.55『英雄』(1982年4月30日ライヴ)
 ベルリン・フィル創立100周年記念コンサート
Disc-7:
・ヴァイオリン協奏曲ニ長調 op.61(1984年2月18-24日)
 アンネ=ゾフィー・ムター(ヴァイオリン)
Disc-8:初登場映像
・歌劇『フィデリオ』序曲 op.72b(1985年11月29日-12月7日)
・『エグモント』序曲 op.84(1985年11月29日-12月7日)
・『レオノーレ』序曲第3番 op.72a(1985年11月29日-12月7日)
・ブラームス:悲劇的序曲 op.81(1985年11月29日-12月7日)
Disc-9:初登場映像
・ミサ・ソレムニス ニ長調 op.123(1985年9月25-29日)
 レッラ・クベルリ(ソプラノ)
 トゥルデリーゼ・シュミット(アルト)
 ヴィンスン・コール(テノール)
 ジョゼ・ヴァン・ダム(バス)
 レオン・シュピーラー(ヴァイオリン)
 デイヴィッド・ベル(オルガン)
 ウィーン楽友協会合唱団
 ヘルムート・フロシャウアー(合唱指揮)

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
 収録場所:ベルリン、フィルハーモニー
 映像監督:エルンスト・ヴィルト
 録音エンジニア:ギュンター・ヘルマンス
 ヴォルフガング・ギューリヒ(交響曲第5番、第6番)
 ハンス=ユルゲン・ミュラー(交響曲第3番ライヴ)
 録音監修:ミシェル・グロッツ
 ヨアヒム・アウグスティン(交響曲第3番ライヴ)
 制作:テレモンディアル
 共同制作(交響曲第3番ライヴ):ドイツZDF

 画面:カラー、4:3
 音声:PCMステレオ
 交響曲第9番のみドルビー・デジタル5.0チャンネル音声付
 NTSC
 Region 2

内容詳細

カラヤン生誕100周年を記念したボックス。ベルリン・フィルとの交響曲全集と、二十歳のムターとのヴァイオリン協奏曲、そしてこれが初発売となる「ミサ・ソレムニス」を収録。カラヤン晩年の磨き抜かれた演奏が楽しめる。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. レビューに記載

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
ミサ・ソレムニスも素晴らしかった。指揮棒...

投稿日:2008/04/26 (土)

ミサ・ソレムニスも素晴らしかった。指揮棒を持たないカラヤンの細やかな指揮が印象的。荘厳且つ華やかな演奏だが、カラヤンベルリンフィルの1つの金字塔だと思います。声楽も素晴らしいのですが、この日の木管楽器はツェラー、コッホ、ライスター、ピースクという夢の様なメンバーだったんですね。その映像を観るだけでも…。こんなベートーヴェンをコンサート会場で聴いてみたかった。

安曇野のカラヤン さん | 長野県安曇野市 | 不明

0
★
★
★
★
★
殆どが買いなおしですが、新しく聴いたベー...

投稿日:2008/04/26 (土)

殆どが買いなおしですが、新しく聴いたベートーヴェンの序曲とブラームスの悲劇的序曲を収めた一枚は本当に良かった。カラヤンサウンドの結晶の様な感じ。実に密度が濃い。どの曲もライヴの映像を元に後から部分的に楽器のセクションを挿入したいつもの映像。レオノーレの3番で、中間部のトランペットのファンファーレは奏者のクレッツアーが吹く様子が明らかな編集。どの曲も拍手入り。高揚感は素晴らしく往年のカラヤンベルリンフィルを堪能できた。

安曇野のカラヤン さん | 長野県安曇野市 | 不明

0
★
★
★
★
★
予約しています。LDでは殆ど持っています...

投稿日:2008/03/16 (日)

予約しています。LDでは殆ど持っていますが、今回初めてリリースされる「ミサ」や「序曲集」は本当に嬉しいですね。これで全て発売?となりましたでしょうか。先日ベートーヴェンのバイオリン協奏曲を久々に視聴しましたが、最後ホルンがテーマを吹くところ、歌い過ぎて引っ張ってしまうところで、カラヤンが巻きを入れています。セッション録音なのにそんなシーンがあって、改めて映像は面白いなあと思います。

安曇野のカラヤン さん | 長野県安曇野市 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品