SACD 輸入盤

【中古:盤質S】 交響曲全集 フィリップ・ヘレヴェッヘ&ロイヤル・フランダース・フィル、コレギウム・ヴォカーレ、他(5SACD)

ベートーヴェン(1770-1827)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
S
特記事項
:
未開封,5枚組み,SACD(ハイブリッド),DIGIPAK
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
PTC5186312
レーベル
Holland
フォーマット
SACD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

ジャケット新装丁
ヘレヴェッヘ&ロイヤル・フランダース・フィルによる ベートーヴェン交響曲全集


SACDハイブリッド盤。長らく入手困難が続いていたヘレヴェッヘ&ロイヤル・フランダース・フィルによるベートーヴェンの交響曲全集がジャケット新装丁で再登場。この録音はピリオド奏法の世界的権威、フィリップ・ヘレヴェッヘがモダン・オーケストラであるロイヤル・フランダース・フィルをピリオド・アプローチで振った名盤として高く評価されてきました。
 演奏の素晴らしさはもちろんのこと、PENTATONEレーベルが誇る技術陣による録音で収録されたマルチチャンネル対応の極上の高音質録音を楽しむことができます。(輸入元情報)

【収録情報】
ベートーヴェン:交響曲全集


Disc1
1. 交響曲第1番ハ長調 Op.21
2. 交響曲第3番変ホ長調 Op.55『英雄』

Disc2
3. 交響曲第2番ニ長調 Op.36
4. 交響曲第6番ヘ長調 Op.68『田園』

Disc3
5. 交響曲第4番変ロ長調 Op.60
6. 交響曲第7番イ長調 Op.92

Disc4
7. 交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』
8. 交響曲第8番ヘ長調 Op.93

Disc5
9. 交響曲第9番ニ短調 Op.125『合唱』

【第9番のソリスト、コーラス】
 クリスティアーネ・エルツェ(ソプラノ)
 インゲボルク・ダンツ(メゾ・ソプラノ)
 クリストフ・シュトレール(テノール)
 デイヴィッド・ウィルソン=ジョンソン(バリトン)
 コレギウム・ヴォカーレ
 アカデミア・キジアーナ・シエナ

 ロイヤル・フランダース・フィルハーモニー管弦楽団
 フィリップ・ヘレヴェッヘ(指揮)

 録音時期: 2007年6月(1,2)、2009年2月(3,4)、2009年10月(8)、2004年11月(5,6)、2007年6月4,9,10日(7,8)
 録音場所:ブルッヘ、コンセルトヘボウ(1,2) アントワープ、デシンゲル(3,4,9) アントワープ、デ・ローマ(5,6) アイントホーフェン、フリッツ・フィリップス・ミュージックセンター(7,8)
 録音方式:ステレオ(PCM HI-RES/セッション)
 レコーディング:トリトナス(TRITONUS Musikproduktion GmbH)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
古楽畑のヘレヴェッヘだが、オケはトランペ...

投稿日:2013/10/10 (木)

古楽畑のヘレヴェッヘだが、オケはトランペット、ティンパニを含めモダンなので、音がやや団子になっているし、tuttiでは大音量になっており細かなニュアンスが聴き取りにくくなってしまている。正直このような現代モダンオーケストラによる演奏を聴くと、ピリオド楽器による演奏が恋しくなってしまう。ただし他のモダンオケの全集と比較すれば、高水準であることは間違いない。

akiapple さん | 大分県 | 不明

0
★
★
★
★
★
指揮者には学究的でインテリ臭い先入観があ...

投稿日:2012/10/08 (月)

指揮者には学究的でインテリ臭い先入観があったが、愉悦にあふれ磨き込まれたフレーズは、音楽の楽しさを感じさせてくれる素晴らしい演奏だ。聴き込むほどに良い。ベト全はしばらくこれだけでいい。

メルロ さん | 兵庫県 | 不明

2
★
★
★
★
★
全曲を通じて考え抜かれたフレージング、ア...

投稿日:2012/03/13 (火)

全曲を通じて考え抜かれたフレージング、アンサンブルの見事さが、とても丁寧でまるで日本料理の傑作と言って許されるものか、とにかく仕込みに手間をかけた努力がひしひしと伝わります。ティンパニの使い方がとても上手で、大オーケストラの平凡な演奏よりも迫力(ベートーヴェンの胆力)を実感します。細かい仕事もさることながら、ありがちな細部にスポットを当てただけで終わる作品とは異なり、曲の構成全体のバランス感が重視されているところが実に見事で、これぞマエストロの仕事、別格です。近年の秀逸録音の中でも群を抜いた完成度です。

Ibsatoshi さん | 東京都 | 不明

7

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品