CD 輸入盤

【中古:盤質B】 交響曲第9番 アバド&ウィーン・フィル

ベートーヴェン(1770-1827)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
B
特記事項
:
ケースすれ
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
4195982
レーベル
Dg
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

収録曲   

  • 01. Allegro Ma Non Troppo, un Poco Maestoso
  • 02. Ode to Joy
  • 03. Presto_Allegro Assai
  • 04. Adagio e Cantabile_Andante Moderato
  • 05. Molto Vivace

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ベルリン・フィルのものとは別人のように聞...

投稿日:2013/12/08 (日)

ベルリン・フィルのものとは別人のように聞こえるかと思いきや,アーティキュレーションはこの録音から一貫しているところが多いようだ。しかしやはり,アバドはウィーン・フィルとの相性が一番だった。ベルリン・フィルに行くべきでなかったし,ウィーン・フィルもアバドを切るべきでなかった。いまだにウィーンに復帰しないのはクラシック音楽会の不幸である。より激しく壮絶な1987年3月の来日公演のライヴをCD化してほしい。何とかしてください,NHKさん!

mulder さん | 福島県 | 不明

5
★
★
★
★
★
堂々とした構えの演奏で聴きごたえがありま...

投稿日:2013/07/11 (木)

堂々とした構えの演奏で聴きごたえがあります。録音も爽やかで素晴らしい。

カズニン さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
重厚かつ荘厳な演奏で好ましい。ウィーンム...

投稿日:2011/05/28 (土)

重厚かつ荘厳な演奏で好ましい。ウィーンムジークフェラインの壮麗な内装を写したかのような優雅な演奏と、アバドならではの気品やしなやかさも、私にとっては非常に好ましい。さらに全体を通してとても出来が良いため、数ある第九の中でも上位に置きたい演奏だ。また、再リリースの機会が多いことからDGがこれを決定盤の一つだとしていることが伺えるが、私もまたやはりそれだけの価値のあるものだと思っている。ぜひ聴いてみて欲しい。

S.A.倉田 さん | 大阪府 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品