SACD 輸入盤

【中古:盤質B】 ヴァイオリン協奏曲、他 グリュミオー、デイヴィス&コンセルトヘボウ管

ベートーヴェン(1770-1827)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
B
特記事項
:
なし
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
PTC5186120
レーベル
Holland
フォーマット
SACD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

DSDリマスタリングされたハイブリッドSACDで登場!
グリュミオーのベートーヴェン&ブルッフ

20世紀を代表するヴァイオリニストのひとり、アルテュール・グリュミオー[1921-1986]は、PHILIPSに大量のレコーディングを残しており、そのどれもが高い水準にあるとされています。ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲は、ベイヌム&コンセルトヘボウ管とのモノラル録音(1957)、ガリエラ&ニュー・フィルハーモニア管とのステレオ録音(1966年)のものがありましたが、音質の良さ、味わいの深さではやはりこのデイヴィスとの共演盤に分があります。
 アナログ完成期のPHILIPSによるコンセルトヘボウ大ホールでのセッション・レコーディングの素晴らしさはすでに広く浸透しているところですが、この演奏の上質なサウンドにはまた格別なものがあります。
 デイヴィスのニュートラルな解釈によってつくりだされたコンセルトヘボウ管弦楽団の美しくブレンドされた響きは実に魅力的で、その上に気品高く繊細なヴァイオリン・ソロが展開されるのです。これほど美麗なベートーヴェンは他にないといっても良いのではないでしょうか。デイヴィス&コンセルトヘボウ・サウンドの質の高さは、一連のストラヴィンスキーハイドンドヴォルザークといったアルバムですでに証明済み。このベートーヴェンでもそれら名盤に劣らぬサウンドが体験できます。
 組み合わせのブルッフもグリュミオーにとって3度目の録音。こちらも洗練された歌いまわしと美音が素晴らしい演奏です。
 PENTATONEレーベルによってDSDリマスタリングされたマルチチャンネル対応ハイブリッドSACDでの登場は、ヴァイオリン好きには大いに気になるところです。

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.61 [41:45]
 1.Allegro ma non troppo[23:53]
 (cadenza: Fritz Kreisler)
 2.Larghetto [8:54]
 3.Rondo (Allegro) [8:58]
 アルテュール・グリュミオー(ヴァイオリン)
 アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
 コリン・デイヴィス(指揮)
 録音時期:1974年1月
 録音場所:アムステルダム、コンセルトヘボウ大ホール

ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調 Op.26 [23:04]
 4.Vorspiel (Allegro moderato) [8:31]
 5.Adagio [7:15]
 6.Finale [7:18]
 アルテュール・グリュミオー(ヴァイオリン)
 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団
 ハインツ・ヴァルベルク(指揮)
 録音時期:1973年9月
 録音場所:ロンドン、ウェンブリー・ブレント・タウン・ホール

収録曲   

  • 01. Concerto for Violin in D major, Op. 61
  • 02. Concerto for Violin in D major, Op. 61
  • 03. Concerto for Violin in D major, Op. 61
  • 04. Concerto for Violin no 1 in G minor, Op. 26
  • 05. Concerto for Violin no 1 in G minor, Op. 26
  • 06. Concerto for Violin no 1 in G minor, Op. 26

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
とにかくグリュミオーの美音とオケの絶妙な...

投稿日:2007/03/18 (日)

とにかくグリュミオーの美音とオケの絶妙なバランスがすばらしい、昔から有名な名演のSACD再発売。聴いているあいた天国にいるような陶酔感に浸れます。

越後人 さん | 新潟市 | 不明

7
★
★
★
★
★
 デイヴィス/ACOの手厚いバックに乗って凛...

投稿日:2006/10/04 (水)

 デイヴィス/ACOの手厚いバックに乗って凛々しいバイオリンが天まで駆けのぼる!第3楽章コーダなど目眩を起こしそうなほど目映い。

温泉パパ さん | 函館市 | 不明

5

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品