CD

【中古:盤質AB】 交響曲第3番『英雄』 テンシュテット&ロンドン・フィル(ライヴ)

ベートーヴェン(1770-1827)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
AB
特記事項
:
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
TOCE13101
日本
フォーマット
CD

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

テンシュテット/ベートーヴェン:交響曲第3番『英雄』
クラウス・テンシュテット指揮
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

実演のテンシュテットならではのきわめてドラマティックな進行と、この時期特有のスケールの大きさ、美しく澄んだ境地が併存する稀有の『英雄』。組み合わせの『はげ山の一夜』も劇的で表情豊かな面白さが最高です。

収録楽曲
1.ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調作品55『英雄』
2.ムソルグスキー/リムスキー=コルサコフ編:交響詩『はげ山の一夜』

録音:1)1991-9&10(ライヴ) 2)1990-5

収録曲   

  • 01. 交響曲 第3番 変ホ長調 作品55 「英雄」 第1楽章 : アレグロ・コン・ブリオ
  • 02. 交響曲 第3番 変ホ長調 作品55 「英雄」 第2楽章 : 葬送行進曲 アダージョ・アッサイ
  • 03. 交響曲 第3番 変ホ長調 作品55 「英雄」 第3楽章 : スケルツォ アレグロ・ヴィヴァーチェ
  • 04. 交響曲 第3番 変ホ長調 作品55 「英雄」 第4楽章 : フィナーレ アレグロ・モルト
  • 05. 交響詩 「はげ山の一夜」

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
11
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
他の指揮者の第2楽章は退屈で適当に聴いて...

投稿日:2009/05/03 (日)

他の指揮者の第2楽章は退屈で適当に聴いていましたが、こんなに深くて面白い葬送行進曲はなかった。まさにテンシュテットならではのオンリー・ワンな名演です。ベートーヴェンがマーラーに変身?(笑)

疾風怒涛 さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
第2楽章の葬送行進曲が白眉!私見ですが「タ...

投稿日:2008/10/14 (火)

第2楽章の葬送行進曲が白眉!私見ですが「タタタタン、タタタタン」というリズムの重苦しさや響きの重厚さから、何となくマーラーの第5交響曲を想起してしまいます。テンシュテットだから余計そう感じるのかも知れません。それにしても素晴らしい演奏!スケールが大きく、堂々としていて、弛緩せず、しかもメリハリが利いています。大袈裟な芝居を打たずして面白さを引き出す、正攻法のアプローチ。終楽章に若干音像の怪しい箇所がありますが、それも許容範囲内です。併録が何故《禿山の一夜》なのか、どうせなら初期ロマン派の作品にして頂きたいものですが、演奏自体はとても立派です。否、むしろ魑魅魍魎の蠢くさまが目に移る様で恐いです。

1
★
★
★
★
★
No.3;15’02/16’57/6’09/12’47 はげ山...

投稿日:2008/07/24 (木)

No.3;15’02/16’57/6’09/12’47 はげ山の一夜;11’41

I&W さん | JAPAN | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品