CD 輸入盤

【中古:盤質AB】 交響曲第9番『合唱』 フルトヴェングラー&バイロイト(1951 バイエルン放送音源)

ベートーヴェン(1770-1827)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
AB
特記事項
:
ケースすれ
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
ORFEOR754081
レーベル
Germany
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

「バイロイトの第九」新音源!
バイエルン放送音源による高音質盤登場!

「レコード芸術」2007年9月号(P.70〜74、P.211〜214)で大きく取り上げられ、同じく「レコード芸術」10月号と11月号などでもとりあげられたバイエルン放送が録音し、同局倉庫に眠っていた「バイロイトの第九」は、先にフルトヴェングラー・センターから会員向け頒布という形でCD化されましたが、同センターへの入会が必須条件という特殊なものでした。しかし今回キングインターナショナルとORFEOレーベルが粘り強く交渉し、ORFEOからのCD化も実現、通常の形で市販されることとなりました。リマスタリングはクリストフ・シュティッケルがおこなっています。
 第二次世界大戦後、6年を経てようやく再開されることとなったバイロイト音楽祭のオープニングを飾ったこの歴史的な演奏は、そのライヴ録音と記されたEMI盤によって、これまで半世紀以上に渡り、音楽好きの人々の間で広く鑑賞されてきたのですが、今回登場するバイエルン放送音源は、同じ日のライヴという記載条件ながら、なぜかそれとは異なる演奏となっているのです。
 おそらくどちらかがゲネプロ録音で、どちらかが本番録音ということにでもなるのでしょうが、当時の演奏に関わった人の明確な証言が得られない以上は、どのような意見も推測の域を出ないというのが実際のところでしょうか。
 ただはっきりしているのは、終楽章コーダのアンサンブルはEMI音源が崩壊しているのに対し、バイエルン放送音源では何とか持ちこたえていたり、第3楽章のヴァイオリンの出が違ったり、トランペットやトロンボーンのバランスが大きく異なるなど、演奏そのものの差異が認められる部分が多いにも関わらず、部分的には両者が完全に一致するところも存在するということです。
 この事実は、どちらかが2種のテープの継ぎはぎをしたということを示すことにほかならないため、1955年に商品として発売されたEMI盤が、「より良い状態にするための編集」というレコード会社がよく採用する方法論を反映したものであるという仮説が有力とも思われます(ブルックナー8番の例も)。しかし、明確な証拠が無い以上はやはり断定は難しいところですし、しかもバイエルン放送のテープの箱には、「放送に使用することは禁止」という文言も記載されているということなので、さらに事情はややこしくなります。
 有名な終楽章330小節のクレッシェンドや、オーディエンス・ノイズなど、すでに活発な推論が繰り広げられているこのバイロイト51年問題。これまで「バイロイトの第九」というと、EMI音源使用盤の復刻状態ばかりが話題にされていましたが、こうして明らかに別なソースによる音源が存在したという衝撃は、これまでの音質相違を巡る論争が実は瑣末なものに過ぎなかったとさえ思えてしまうほど強烈なものであり、フルトヴェングラーに関心のある音楽ファンなら一度は聴いておきたい大注目盤の登場といえるのではないかと思われます。

【収録情報】
ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調 Op.125『合唱』
 エリーザベト・シュヴァルツコップ(S)
 エリーザベト・ヘンゲン(A)
 ハンス・ホップ(T)
 オットー・エーデルマン(Bs)
 バイロイト祝祭合唱団
 ヴィルヘルム・ピッツ(合唱指揮)
 バイロイト祝祭管弦楽団
 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)

 録音時期:1951年7月29日(ライヴ)
 録音場所:バイロイト祝祭劇場
 音源提供:バイエルン放送


⇒フルトヴェングラーの第九まとめ

収録曲   

  • 01. Allegro ma non troppo, un poco maestoso
  • 02. Molto vivace
  • 03. Adagio molto e cantabile
  • 04. Presto

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
34
★
★
★
★
☆
 
15
★
★
★
☆
☆
 
9
★
★
☆
☆
☆
 
3
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
ソプラノのシュヴァルツコップは回想で第四...

投稿日:2012/12/12 (水)

ソプラノのシュヴァルツコップは回想で第四楽章の前にソリスト達が入場したといってるんだよね。だとするとバイエルン版はオルフェオでは省かれてるけどセンターの方では第三楽章の前にソリスト達が入場する足音が入ってるのでつじつまがあわなくなる。それがまだ疑問としてあるんだよね。

ysk さん | 広島県 | 不明

2
★
★
★
★
★
基本的にはEMI盤と変わらないのですが、...

投稿日:2012/11/30 (金)

基本的にはEMI盤と変わらないのですが、音質がよく、ここで好き嫌いが分かれると思います、善し悪しという観点から見れば、51年録音のバイロイトの第九そのものが名演レヴェルなので、EMI盤であろうが、バイエルン盤であろうが不滅の名演です。ただ、どちらの音質を好むかの問題が生じてきます。純粋に聴く立場としては「どちらでもいい」がいいのですが、このバイエルン盤は音質がよく、EM盤よりも輪郭がはっきりし、一つ一つの音がはっきり聴き取れます。それにEMI盤に比べれば音の方向性が違い、EMI盤が深みにはひっていくような音であるのに対し、バイエルン盤は堀り下げていくような精度の高い演奏です。バイロイトの第九をどのようにして聴くかで見方が変わるCDだと思います。ただ、第3楽章の高貴な美しさ、これ限りはEMI盤でも、バイエルン盤でも全く変わりません。それに終楽章に関しては合唱の曖昧な録音状態が緩和されており、よりリアルに当時の演奏に耳を傾けることが出来るでしょう。全体的にEMI盤と評価を変える必要もなく、ここは好みの問題に止めておきましょう。取り合えず「最高!」ということで。

1
★
★
★
★
☆
この演奏(あえてEMI盤も含めて)について...

投稿日:2011/12/27 (火)

この演奏(あえてEMI盤も含めて)については大勢の方々が絶賛しており、かくいう私も初めて聴いたときの衝撃や感動はハンパではなく、一時期はこれ以上の演奏は考えられませんでした。私にとっては音質がどうだとか、編集がどうだとか、技術的な問題がどうだとかは関係なく、一番重要なことは「聴いて感動できるかどうか。」です。そういった基準でいけば、この演奏は私の中では変わらず最上位にあります。しかし、ベストワンだとは思いません。歴史的な背景や演奏の素晴らしさからいけば「世界遺産」といっても良いと思いますが、これを「ベートーヴェンの第九」とは呼びたくありません。あくまで「フルヴェンの第九」または「バイロイトの第九」と思います。何故なら、ベートーヴェンはこの作品を混沌とした空虚5度で開始して、ニ長調の主和音で堂々と終結させているのに、本演奏はあまりにもブサイクな終わり方だからです。最後の主和音がキマッてこそベートーヴェンがこの作品に込めた思いが再現されると思うからです。「終わり良ければ全てよし。」です。そういった理由から、素晴らしい演奏であることは疑いありませんが、あえて減点1としました。

Bachman さん | 愛知県 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品