CD 輸入盤

【中古:盤質AB】 ピアノ協奏曲全集 プルーデルマッハー、アツモン&ブルターニュ管弦楽団(3CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
AB
特記事項
:
DIGIPAK,3枚組み
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
TR137
レーベル
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)


ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集(3CD)
ジョルジュ・プルーデルマッハー
モーシェ・アツモン&ブルターニュ管弦楽団
4本目のペダル「ハーモニック・ペダル」を駆使した演奏のライヴ録音


フランスの名手、プルーデルマッハーは、現代音楽やジャズ、編曲などにも精通したマルチなピアニスト。作品の演奏にあたっては、楽譜の研究だけでなく、作曲者の伝記、肖像画や手紙、周辺人物の情報、当時の社会や演奏などの環境も十分に調べ上げ、さらに楽曲解釈や楽器構造の探求まで徹底的におこなうその姿勢には凄いものがあります。

このベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集でも、モダン・ピアノでベートーヴェン作品を弾く際の問題とも言われるペダル使用時の音の濁りを解消するため、4本目のペダルをピアノに取り付けて演奏して響きの純度を追求、オーケストラとのピュアな対話を実現しています。

【プルーデルマッハー】
ジョルジュ・プルーデルマッハー(プルーデルマシェ)は、1944年7月26日にフランス中部のゲレに誕生。3歳でピアノを始め、11歳でパリ音楽院に入学、ジャック・フェヴリエやアンリエット・ピュイグ・ロジェらに師事する一方、ルツェルンではゲーザ・アンダに学んで腕を磨き、ピアノ、室内楽と伴奏の3部門でプルミエ・プリを獲得、19歳で卒業。1968年、ヴィアンナ・ダ・モッタ国際ピアノコンクール第2位、1969年、リーズ国際ピアノコンクール第2位、1979年、ゲザ・アンダ国際コンクール優勝というコンクール歴により、ソリスト、室内楽奏者として国際的な活動を展開、パリ音楽院の教授も務めました。(HMV)

【収録情報】
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集
● ピアノ協奏曲第1番ハ長調 op.15
● ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 op.19
● ピアノ協奏曲第3番ハ短調 op.37
● ピアノ協奏曲第4番ト長調 op.58
● ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 op.73『皇帝』

 ジョルジュ・プルーデルマッハー(ピアノ)
 ブルターニュ管弦楽団
 モーシェ・アツモン(指揮)

 録音時期:2004年7月
 録音方式:デジタル(ライヴ)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品