CD 輸入盤

【中古:盤質A】 交響曲全集 ケーゲル&ドレスデン・フィル(5CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
コメント
:
5枚組、スリップケース汚れ
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
15947
レーベル
USA
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

ケーゲル/ベートーヴェン:交響曲全集(5CD) 

1982から83年にかけてステレオ録音された、ケーゲルの伝説的な全集録音。1960〜70年代の鋭利な強烈演奏の数々と、ピストル自殺というあまりにも凄惨な亡くなりかたをしたためもあってか、猟奇的なまでの個性派と見られがちなこの指揮者がここで聴かせてくれる、きわめて澄明なベートーヴェン演奏には正直言って驚かされます。細部までよく神経を通わせた繊細なアプローチがもたらす見通しの良い清潔な音響が印象的で、もちろん単純な「古典への回帰」にはとどまらず、リズムの鋭さを意図的に抑制し、遅めのテンポ設定で流麗優美な表情を徹底して追及した第7番の第1楽章など、ユニークな表現がいたるところに聴かれるのも面白いところ。
 ともあれ、晩年の鬼才ケーゲルがなにを目指していたのかを占う意味でも無視できない一組と言えるでしょう。

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770−1827)

Disc-1
・交響曲第3番変ホ長調Op.55『英雄』
・交響曲第1番ハ長調Op.21

Disc-2
・交響曲第7番イ長調Op.92
・交響曲第2番ニ長調Op.36

Disc-3
・交響曲第5番ハ短調Op.67『運命』
・交響曲第4番変ロ長調Op.60

Disc-4
・交響曲第6番ヘ長調Op.68『田園』
・交響曲第8番ヘ長調Op.93

Disc-5
・交響曲第9番ニ短調Op.125『合唱付き』

 アリソン・ハーガン(ソプラノ)
 ウテ・ヴァルター(コントラルト)
 エバーハルト・ビュヒナー(テノール)
 コロシュ・カヴァトシュ(バス=バリトン)
 ベルリン放送合唱団、ライプツィヒ放送合唱団

 ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・ケーゲル(指揮)

 録音:1982-83年 ドレスデン、ルカ教会

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
24
★
★
★
★
☆
 
5
★
★
★
☆
☆
 
4
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ケーゲルなので何か普通で無い物を期待した...

投稿日:2018/07/19 (木)

ケーゲルなので何か普通で無い物を期待したが、演奏は一聴オーソドックスで普通に聴こえます。しかし聴きこむ内に他の演奏には無い感情の無い冷たさ、寂寥感、孤独感を感じます。やはりケーゲルはただ物ではなかった。

Nowhere Man さん | 石川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ケーゲルが活動した時期は、カラヤンが話題...

投稿日:2017/01/19 (木)

ケーゲルが活動した時期は、カラヤンが話題を独り占めにした時期と重なる。「猫も杓子も」カラヤン一辺倒であった。東ドイツで活躍したザンデルリンクなど知る由もなかった。 ケーゲルも同様であった。バルビローリ、クレンペラーに始まるオーケストラ演奏の系譜はカラヤンに引き継がれることなく、閉鎖された東ドイツでケーゲル、ザンデルリンクなどに引き継がれた。カラヤンを聞き慣れたヨーロッパの東のはずれ日本では、カラヤンの演奏がスタンダードなベートーヴェンの交響曲となった。総譜を見ることなく、聞き慣れたカラヤンが一番だと思っている人にとって、ケーゲルの演奏は物足りなく聴こえるであろう。 ベートーヴェンの総譜に忠実なケーゲルの演奏は、これがベートーヴェンであると伝えてくれる。ブルーレイオーディオで発売されたベートーヴェンはとても貴重なソースである。値段もカラヤンの半分以下である。古い録音にしてはディテールがよく録音されており、特に木管と弦楽器のバランスは絶妙である。

ゲゲゲアサ さん | 神奈川県 | 不明

5
★
★
★
★
★
素晴らしい快演。私にとっては、ヨッフムの...

投稿日:2016/09/22 (木)

素晴らしい快演。私にとっては、ヨッフムのロイヤル・コンセルトヘボウ盤と双璧をなす。ベートーヴェンの全集は、ヨッフム、ケンペ、ケーゲルがマイ・ベストとなった。

ぴあの好き さん | 京都府 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品