CD 輸入盤

【中古:盤質A】 ベートーヴェン:『皇帝』(1969 ステレオ)、シューマン:ピアノ協奏曲(1967) ミケランジェリ、チェリビダッケ&スウェーデン放送響

ベートーヴェン(1770-1827)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
帯付
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
SSS0130
レーベル
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

遂にヴェールを脱いだ!
ミケランジェリ&チェリビダッケ夢の共演!
『皇帝』とシューマンのピアノ協奏曲、
放送局蔵出し音源からCD化!


ミケランジェリとチェリビダッケという孤高の巨匠が四つに組んだ超名演、『皇帝』とシューマンのカップリングが登場です。内容は数多くのプライヴェート盤で知られるとおりの高水準ですが、音質もスウェーデン放送、フィンランド放送からの蔵出し音源で万全の体制であることは申し上げるまでもありません。
 『皇帝』は、1969年5月20日のヘルシンキ・フェスティヴァルへの客演ライヴであることが特定されました。チェリビダッケがスウェーデン放送響の首席指揮者の任にあった最盛期のライヴだけに、練習がすみずみまで行き届き、『皇帝』など意外な軽やかさ、明るさ、華やかさでビックリさせられます。まるでラヴェルやドビュッシーを聴くかのような絶美の名演です。優秀なステレオ録音で『皇帝』の中の『皇帝』と申せましょう。
 シューマンは、1967年11月19日の本拠地ストックホルム・コンサートホールでのライヴです。モノラルなのが惜しいところですが、リリシズム、ロマンティシズムを堪能できるのはこちらかも知れません。物思いにふけるかのようなしみじみとした風情。官能的な揺れや、気だるさすら漂う繊細な味付けは、鋭敏なセンスを誇るこのコンビならではです。(TOBU)

【収録情報】
・ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 op.73『皇帝』
 録音時期:1969年5月20日
 録音場所:ヘルシンキ、文化会館
 録音方式:ステレオ(ヘルシンキ・フェスティヴァルでのライヴ)
 フィンランド放送提供

・シューマン:ピアノ協奏曲イ短調 op.54
 録音時期:1967年11月19日
 録音場所:ストックホルム・コンサートホール
 録音方式:モノラル(ライヴ)
 スウェーデン放送提供

 アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ(ピアノ)
 スウェーデン放送交響楽団
 セルジウ・チェリビダッケ(指揮)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
とにかく目覚ましいとしかいいようのない奇...

投稿日:2018/01/16 (火)

とにかく目覚ましいとしかいいようのない奇跡的な「皇帝」である。ピアノという楽器の極限がここには標されている。清冽な輝きをもった音の連なり。ミケランジェリの常の演奏はもっとクールで、殆どニヒリズムと言って良いような、トーンで行なわれることが多いが、この演奏では全く感興が横溢している。ただ美音をスタチックに連ねただけの演奏ではなく、あちこちで聞き手に感極まらせるような感情の迸りが聞ける。この音質で聞けると言うことが我々にとって如何に僥倖であることか!チェリビダッケ指揮のオケもドイツ風の重厚な演奏ではないが、精妙なバックを提供していて見事なものだ。同じ組合わせのシューマンも同様に見事な演奏だが、モノであり(それとしては悪い音ではないが、この年代にはステレオ録音されていただろうに!)、「皇帝」が余りに素晴らしいので、音の輝きという点では比較にならない。それだけは残念というか遺憾。

mari夫 さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
この演奏はスメターチエックと組んだものに...

投稿日:2013/10/19 (土)

この演奏はスメターチエックと組んだものに比べ、もっともっと流麗で軽やかな感じ。これも革命、英雄、ナポレオン、精神などというような言葉に関係なく、音楽そのものが滑らか、かつしなやかな力で聞くものを引き付け運んで行ってくれる感じがする。スメターチエックと組んだものはどちらかというと全体に力強さが前面に出てくる感じで、これはこれでまた違った味わい。ミケランジェリの皇帝はこの2種は是非とも揃えたい。それと対極的な演奏のグールドもあれば、私はそれで十分。

タテキ32 さん | 大阪府 | 不明

2
★
★
★
★
★
冒頭の一音から、「これぞミケランジェリ!」とい...

投稿日:2013/08/09 (金)

冒頭の一音から、「これぞミケランジェリ!」というべき究極の美音に惚れ惚れ!不純物ゼロの音の結晶であり、ピアノという楽器からここまで繊細至極なニュアンスを引き出し得たミケランジェリ。クリスタルのように煌めく高音から、鐘のように余韻の長い低音まで、隅々までコントロールされ尽くした打鍵。しかも本番一発撮りでこの完成度である。有名なジュリーニとの共演も良かったが、ここでのミケランジェリは更に上をいく。チェリビダッケがこれまた素晴らしい。壮年気ならではの中庸のテンポの中にも、後のミュンヘン時代に極めた精妙さがそこかしこに垣間見える。特に内声部の豊かさは目を見張るばかりで、ここにこんな音が隠れていたのか、こんな響きが作れるのかという驚きの連続である。特に《皇帝》は優秀なステレオ録音も相俟って、ミケランジェリ、チェリビダッケ双方の明晰なアプローチが手に取るように分かり、大満足だ。対するシューマンはモノラルなのが玉に傷だが、第2楽章の繊細さは他の追随を許さないだろう。静的な美しさを持つオケと、官能的な美しさを持つピアノ。芸風こそ違えど、共に完璧を指向する点では一致しているので、破綻するどころか、却ってアンニュイな世界に聴き手を誘ってしまう。稀有な才能だと思う。

遊悠音詩人 さん | 埼玉県 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品