CD 輸入盤

『オリーブ山上のキリスト』、悲歌 レイフ・セーゲルスタム&トゥルク・フィル、アボエンシス大聖堂聖歌隊、ユッシ・ミュリュス、他

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8573852
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


セーゲルスタム/ベートーヴェン:オリーブ山上のキリスト

ベートーヴェンが1803年に作曲したオラトリオ『オリーブ山上のキリスト』は、ゲッセマネの園でのキリストの祈りと苦悩を描いた作品。成立の過程はわかっていませんが、かなりの短期間で仕上げられたとされています。初演時は大きな成功を収めましたが、一部の批評家たちは「長すぎるうえに、歌唱パートの表現力に欠ける」と否定的な意見を上げ、ベートーヴェン自身も作品の出来に不満を感じ、出版される前に改訂を施しています。とはいえ、ベートーヴェンの劇的な筆致によるキリスト像は、歌劇『フィデリオ』のフロレスタンを思わせる人間的な表情を持ち、与えられた旋律も魅力的です。ほとんど演奏されることのない『悲歌』はベートーヴェンのパトロンの一人、パスクァラティ男爵に捧げられた曲。男爵の妻の早すぎた死を悼んで作曲された慎ましくも美しい作品です。(輸入元情報)

【収録情報】
ベートーヴェン:
1. オラトリオ『オリーブ山上のキリスト』 Op.85 (1802-1803)
2. 悲歌 Op.118 (c.1814)


 天使セラフ…ハンナ=リーナ・ハーパマキ(ソプラノ:1)
 イエス…ユッシ・ミュリュス(テノール:1)
 ペトロ…ミクラス・シュパンベルク(バス:1)
 アボエンシス大聖堂聖歌隊
 トゥルク・フィルハーモニー管弦楽団
 レイフ・セーゲルスタム(指揮)

 録音時期:2017年5月15-17日
 録音場所:フィンランド、トゥルク・コンサート・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品