ベートーヴェン、メンデルスゾーン

人物・団体ページへ

CD

Violin Concertos: J.bell(Vn), Norrington / Camerata Salzburg

ベートーヴェン、メンデルスゾーン

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICC372
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

グラミー受賞ヴァイオリニスト、ジョシュア・ベルが挑戦するヴァイオリン協奏曲の二大名曲です。メンデルスゾーンの協奏曲は、ベルがまだ10代のときに一度録音していますが、ベートーヴェンは彼にとって初の録音となります。どちらの曲でも、カデンツァには作曲にも深い関心を持つベル自身によるオリジナルが採用され、ベルの並々ならぬ意欲を感じさせてくれます。1997年のザルツブルク音楽祭でベルとメンデルスゾーンの協奏曲を演奏して好評を博したノリントン/カメラータ・ザルツブルクが奏でる古典的な管弦楽の音色も非常に魅力的です。これらの名曲に新しい光をあてた1枚。

内容詳細

メンデルスゾーンは2度目の録音で、ベートーヴェンは初録音だった。ソニー・クラシカルに移籍して立て続けに録音していた頃のもの。カデンツァは2作品ともベルが作曲して話題となった。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
メンデルスゾーンのVn協奏曲 T 13:05, U...

投稿日:2011/09/15 (木)

メンデルスゾーンのVn協奏曲 T 13:05, U 8:01, V 6:27, ベートーヴェンのVn協奏曲 T 23:46, U 9:07, V 9:20, カデンツァは両曲ともジョシュア・ベル本人作。ノリントンの伴奏はノン・ビブラートで透明感のある美しい響きでヴァイオリンを支えています。但し、独奏ヴァイオリンのビブラートばかりが耳に付いてしまい私はなんとなく気になりました。

0

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品