ベートーヴェン、ブラームス

ベートーヴェン、ブラームス レビュー一覧 5ページ目

ベートーヴェン、ブラームス | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

66件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 私はPianist氏と全く反対の評価で、大変すばらしい演...

    投稿日:2008/09/21

    私はPianist氏と全く反対の評価で、大変すばらしい演奏だと思います。「運命」は31年のフィラデルフィア管との解釈と同じですが、録音が新しい上に練習も徹底したようでストコフスキーの解釈が浸透してオケも健闘しています。最初の3音は完全独立型で初めて聞いた時はのけぞります。ブラ1もエネルギッシュでかつ、ロマンティックなストコフスキーらしい演奏だと思います。後のアメリカ響の諸演奏と比べると、練習時間をきっちりとってストコフスキーの意図が徹底したのだと思います。

    フランツ さん

    0
  • ベートーベンの第一は音質もよく実演の迫力の伝わる名...

    投稿日:2008/05/21

    ベートーベンの第一は音質もよく実演の迫力の伝わる名演奏。VPOとの演奏も悪いわけではないが、小生はこれがベストと考える。ベートーベンの最初の交響曲は古典派の軽快さはもっているものの、第3、第5に至る道程の第一歩とすればこのくらいの重厚感はあっても良い。なおブラームスは問題なく名演ではあるが音はベートーベンよりは悪い。今までの第1に物足りなさを感じている方は是非聞いてみて欲しい。

    ワタミ さん

    0
  • ジャケットの写真が印象的。 音楽もすばらしい。写真...

    投稿日:2008/04/12

    ジャケットの写真が印象的。 音楽もすばらしい。写真撮影の話はリヒテルの回想録で暴露されているが、やや彼なりの感情論が見られ、実際カラヤン以外の巨匠がにこやかに笑っているシーンを見たら出来に満足という感じなのでは。しかしあの巨匠3人をよくまとめ、名盤にしたてたのはまぎれもなくカラヤン。裏写真でカラヤンも笑っている写真も存在していて、そちらを採用してほしかった。

    宇野候補 さん

    0
  • このトリプルコンチェルトの演奏は私の大学受験時代に...

    投稿日:2008/01/22

    このトリプルコンチェルトの演奏は私の大学受験時代に励ましてもらったもので、伴奏が前に前に出て伴奏でなく競争といえるのですが、はったりが効いていて3月3日からの3日間ケシゴムも使わず、出題者を喜ばせる解答を書けたのは、この演奏のお陰です!この演奏のLPは5〜6枚買い直しましたね。ただ感謝、多謝!

    しおりびじん さん

    0
  • The climax in the slow movement of the Brahms sona...

    投稿日:2007/08/03

    The climax in the slow movement of the Brahms sonata is the most passionate and organic piano playing ever.

    samuel さん

    0
  • ブラームスは、いまさら言うまでもない、超名盤。トリ...

    投稿日:2007/06/29

    ブラームスは、いまさら言うまでもない、超名盤。トリプルだって、(リヒテルとオイストラフは、第二楽章のやり直しを要求し、カラヤンは、それより写真撮影が大事だ、と言った、という裏話も聞くが)それを差し置いても、名演でしょう。駄作といいますが、いかにベートーヴェンが真面目で真摯に作曲し、どうやって三つの楽器を絡ませるよう努力したか、オーケストラをいかに、調和させようとしたかか、ひしひしと伝わってきます。裏話さえ知らなければ、カラヤンも賛美したのに。

    ank さん

    0
  • 山崎浩太郎氏絶賛の1枚。完成された風格のある後年の...

    投稿日:2007/05/06

    山崎浩太郎氏絶賛の1枚。完成された風格のある後年の演奏に比べ覇気が前面に出ていて、ダイナミック。音色も艶やかでグラマラスでさえある。アーベントロートの指揮と相まって劇的な演奏になっている。

    eroi ika さん

    0
  • ふたつの偉大なヴァイオリン協奏曲をとびきりの名演奏...

    投稿日:2007/01/08

    ふたつの偉大なヴァイオリン協奏曲をとびきりの名演奏で鑑賞できる、まことに贅沢な1枚。国内盤が出ていないのが不思議なくらいだ。音質・画質ともに優秀。ソリスト、指揮者、オーケストラを的確にとらえた撮影も称賛に値する。収録の日付けからも分かるとおり、別々の演奏会の映像で、ベートーヴェンは安永さん、ブラームスはレオン・シュピーラーさんがコン・マスを務めている。シャウシュピールハウスの内観、雰囲気が楽しめるのもうれしい。

    七福神 さん

    0
  • パールマンの姿に本当に勇気を与えられる。ブラームス...

    投稿日:2006/12/22

    パールマンの姿に本当に勇気を与えられる。ブラームスの終演後に、ベルリン・フィルの女性奏者が手で涙を拭っていた姿が忘れられない。私も思わず涙してしまった。それにしても、最近彼のような巨匠的な風格を持ったヴァイオリニストがめっきり減ってしまったのが寂しい気がする。

    カバポチ さん

    0
  • 他のレーベルで発売されていた演奏も含まれるがSWR...

    投稿日:2006/11/04

    他のレーベルで発売されていた演奏も含まれるがSWR音源によるこのCDは音質が改善されており楽しめる。下記のレビューの「ごつごつとした」というのは疑問だが、こぶしが入っているという言い方はある程度あてはまると思う(これはヌヴーと同門のオークレールやボベスコも同様)。こういう嫌味のないこぶしなら歓迎したい。私が買ったTAH355/357には12ページの写真集がついている。

    たか さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%