ベートーヴェン、ブラームス

ベートーヴェン、ブラームス

ベートーヴェン、ブラームス | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

68件

すべてのユーザーレビューを見る(68件)

  • バック・イン・レイには1966年7月13日ライヴと...

    投稿日:2016/10/02

    バック・イン・レイには1966年7月13日ライヴとあるが、ライナーの裏には1969年10月7日ライヴとなっており、収録されている放送アナウンスにも言及がないため混乱するが、セヴェランスホールからの放送と言っており、定期公演であるなら秋なのではないだろうか。音質はしっかりとしたステレオであり、セルとクリーヴランドのとてつもない凄みがたっぷりと味わえる。ソリストにもなんの不足もなく、オケの付けも完璧であり、EMIの伝説のカラヤンとセル自身のセッション録音を凌駕しているのではないだろうか。それにしてもこの2曲で1日のプログラムを組んだのであれば、「お気に入りのブラームスの交響曲は、ピアノ協奏曲第2番である」と豪語したというセルの面目躍如といえよう。

    yk さん |50代

    3
  • 特にこの録音ではカラヤンの「トリプルコンチェルト」...

    投稿日:2022/04/10

    特にこの録音ではカラヤンの「トリプルコンチェルト」が素晴らしい。ブラームスももちろんいいのですが。トリプルのほうはこの時代のまさに3大巨匠を束ねるにはカラヤンぐらいの指揮者でないとできないのでは。巨匠と巨匠のぶつかり合いが よく聞こえます。カラヤンもこの時代スケールの大きな演奏で聞くものを凌駕していて発売から50年がたっても色あせることはなく、この演奏を凌駕する録音は ないでしょう。たしか日本盤が出た年の「レコード・アカデミー賞」を受賞したと 記憶しています。当時カラヤンは「楽団の帝王」と呼ばれてましたが、これを聞くとそう感じます。

    nick fald II さん

    0
  • 若さ溢れる演奏がリマスターの恩恵を充分に受けて今の...

    投稿日:2013/05/09

    若さ溢れる演奏がリマスターの恩恵を充分に受けて今のリスナーに届くことが、何より。 曲との相性はあったとしても、彼女の在りし日の姿を偲ぶ以上のものといえます。

    そっちこっちどっち さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、ベートーヴェン、ブラームスのチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%