ベルリオーズ(1803-1869)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

幻想交響曲、序曲『ローマの謝肉祭』 ジャン・マルティノン&フランス国立放送管弦楽団(1972年ステレオ・ライヴ)

ベルリオーズ(1803-1869)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CDSMBA070
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


フランス国立視聴覚研究所音源提供
音質明瞭なステレオ録音。マルティノンのベルリオーズの名演がここに!
洗練された音に魅了される序曲『ローマの謝肉祭』と
あのスタジオ名盤を上回るほどの『幻想交響曲』!!


丁寧な復刻で評価を高めているスペクトラム・サウンド。当アルバムはフランス国立視聴覚研究所(INA)の貴重音源からの復刻! 今回はジャン・マルティノン[1910-1976]がフランス国立放送管弦楽団を振った1972年の公演からベルリオーズの2篇、序曲『ローマの謝肉祭』(1972年3月10日、ベルリンのフィルハーモニー)と『幻想交響曲』(1972年11月6日、シャンゼリゼ劇場)を収録。いずれもステレオ録音です!
 マルティノンといえば、その人柄を表しているかのような気品に満ちた音楽が特徴といえますが、当ライヴでは洗練された音に魅了される序曲『ローマの謝肉祭』と、情熱的でありながらも得も言われぬ品格をもそなえたロマンあふれる音楽作りが感動的な『幻想交響曲』を聴くことができます。『幻想交響曲』は1973年に旧EMIに残した正規録音の名盤がありますが、ライヴならではの熱気を携えた当演奏の推進力はあの名盤を上回るほどの感動の演奏といえましょう! マルティノンは1976年に66歳に他界してしまったため、当演奏は貴重な円熟の至芸を堪能できます。音質が非常に明瞭なことも注目です!
 平林直哉氏による日本語解説付です。(販売元情報)

【収録情報】
ベルリオーズ:
● 序曲『ローマの謝肉祭』 Op.9

 録音時期:1972年3月10日
 録音場所:ベルリン、フィルハーモニー

● 幻想交響曲 Op.15
 録音時期:1972年11月6日
 録音場所:パリ、シャンゼリゼ劇場

 フランス国立放送管弦楽団
 ジャン・マルティノン(指揮)

 録音方式:ステレオ(ライヴ)
 音源:フランス国立視聴覚研究所音源提供
 24bit/192KHz digital restoration and remastering from the original master tapes

 日本語帯・解説付(解説:平林直哉)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ベルリオーズ(1803-1869)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品