ベルリオーズ(1803-1869)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

レクィエム R.shaw / Atlanta.so, Aler(T)+verdi Te Deum, Boito

ベルリオーズ(1803-1869)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CD80109
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
CD

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Arrigo Boito (1842 - 1918)
    Mefistofele: Prologue
    演奏者 :
    Cheek, John (Bass)
    指揮者 :
    Shaw, Robert [Conductor], Shaw, Robert [Conductor], Shaw, Robert [Conductor]
    楽団  :
    Young Singers of Calanwolde, Morehouse-Spellman Chorus, Atlanta Symphony Orchestra
    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Opera
    • 作曲/編集場所 : 1868, Italy
    • 言語 : Italian
    • 時間 : 25:31
    • 録音場所 : 04/1979, Symphony Hall, Atlanta [Studio]
  • Hector Berlioz (1803 - 1868)
    Grande messe des morts, Op. 5
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Mass / Requiem
    • 作曲/編集場所 : 1837, France
    • 言語 : Latin
    • 時間 : 83:31
    • 録音場所 : 11/1984, Symphony Hall, Atlanta [Studio]

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ベルリオーズの「レクイエム」に、ボーイト...

投稿日:2014/06/08 (日)

ベルリオーズの「レクイエム」に、ボーイトの歌劇『メフィストーフェレ』から「天上のプロローグ」、さらにヴェルディの「テ・デウム」といふ豪華派手派手ラインナップ。ここでも大管弦楽をド派手に鳴らしてそれをテラークの優秀録音が強調気味にバッチリと録るというパターンを思うわけですが、ショウさんはどのディスクを聴いても穏健派でありまして、そうはなりません。ベルリオーズではやや壮大さに欠け、ちょっと物足りない。ほかも同様なアプローチでして、それぞれの曲のありよう(スタンダード)を知る分にはよいでしょう。ベルリオーズも実は静かな部分が多い曲なので、その辺は大変美しい出来栄えです。こういうスタイルのショウさんのアプローチなのですが、それでも「天上のプロローグ」はド迫力で全身に鳥肌が立つような物凄さ。いいですねぇ。ま、トータル、ビューティフルな仕上がりにてよしとしましょう。録音は文句なしに優秀。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

0

ベルリオーズ(1803-1869)に関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品