ベルリオーズ(1803-1869)

人物・団体ページへ

DVD 輸入盤

ベルリオーズ:幻想交響曲、ハイドン:驚愕、他 ヤンソンス&ベルリン・フィル、パユ(2009年度レーベル・カタログ仕様)

ベルリオーズ(1803-1869)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
2020098
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
DVD
その他
:
輸入盤

商品説明

メディチ・アーツ〜カタログ2009
フルカラー72ページの充実カタログ付き!!


250タイトルを越す膨大なカタログをもつメディチ・アーツ。毎年発売されるカタログ付DVD。2001年5月1日にイスタンブール・イレーネ教会でのヤンソンス指揮によるベルリン・フィルのコンサート映像を収録。パユは、モーツァルト:フルート協奏曲第2番のソリストとして登場します。カタログ仕様ですので、レギュラー盤のブックレットは付属致しません。(キングインターナショナル)


重低音がうなりをあげるヤンソンス&ベルリン・フィルの大熱演!
収録場所である聖イレーネ聖堂の雰囲気豊かな美しさ、
大太鼓の皮の振動まで捉えた高画質にも注目!

2001年の「ベルリン・フィル / ヨーロッパ・コンサート」は古都イスタンブールにある聖イレーネ博物館でおこなわれました。
 イスタンブールで最も古い聖堂であるこの聖イレーネ聖堂(現在は博物館)は、コンスタンティヌス帝の命により、紀元4世紀、ビザンテイン時代に建築された歴史ある建物です。現在はコンサートなどの使用目的にも応えるように改築されて博物館として機能していますが、その美しい内観や、雰囲気のある外観はまさに特別なコンサートにピッタリといったところ。
 実際、石造りの建物ならではの豊かな響きは、それでなくてもマッシヴなベルリン・フィルの響きをいっそうパワフルなものに仕立てており、『幻想交響曲』では、凄みのあるバスドラやコントラバス、ティンパニの織りなす低音が圧倒的です。
 大聖堂ならではの広大な空間を生かした驚きのカメラワーク(演奏者たちの表情の撮り方も絶妙!)や、非常に凝った録音がテレビ放送時とは比べ物にならない高音質で楽しめるなど、デジタルAVの利点を十二分に享受できるソフトでもあります。
 演奏の方も空間的・表現的工夫が満載です。指揮者前のステージ下に陣取った2台のハープ、第3楽章冒頭、客席はるか上部のバルコニーからエコーを奏でるオーボエのほか、同楽章コーダでのティンパニによる遠雷効果、第5楽章でのベルリン・フィル特製の巨大な鐘や、同じく「怒りの日」での金管部隊のパースペクティヴ効果などなど、父親のアルヴィド・ヤンソンス指揮レニングラード・フィルの名演(廃盤)を髣髴とさせる多彩なサウンド・デザインの面白さは特筆されるべきでしょう(このあたり、エーリッヒ・クライバーの様々な工夫を演奏に反映させたカルロス・クライバーのケースを想起させるものがあります)。
 ダイナミックでありながら要所を引き締めたヤンソンスの指揮ぶりも好調そのもので、大迫力の『幻想交響曲』はもちろん、ハイドンやモーツァルトでも、作品にふさわしい音楽づくりをおこなっています。

【収録情報】
・ハイドン:交響曲 第94番 ト長調 Hob.I-94《驚愕》
・モーツァルト:フルート協奏曲 第2番 ニ長調 K.314 (285d)
・ベルリオーズ:《幻想交響曲》作品14
 フルート独奏:エマニュエル・パユ
 ベルリン・フィルハーモニー
 マリス・ヤンソンス(指揮)

 収録時期:2001年5月1日
 収録場所:イスタンブール、聖イレーネ聖堂(ライヴ)

【特典映像】
1.イスタンブールのポートレート
2.バック・ステージ

【仕様】
収録時間 全プログラム 129分(本編102分・特典映像27分)
ヴィデオ仕様 16:9LB カラー
本編音声仕様
@リニアPCM48kHz/16bit ステレオ
Aドルビーデジタル5.1
BDTS 5.1
ディスク仕様 片面・2層

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
16
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ヤンソンスとベルリンフィルは当然素晴らし...

投稿日:2021/03/06 (土)

ヤンソンスとベルリンフィルは当然素晴らしいのですが、とにかくパユのフルートがすごいです。素晴らしい音色。素晴らしい音楽。パユ好きなら是非おすすめです。

よし さん | 京都府 | 不明

0
★
★
★
★
★
こんな価格で、こんな映像が鑑賞できるなん...

投稿日:2011/07/09 (土)

こんな価格で、こんな映像が鑑賞できるなんて買いです。イスタンブールの聖イレーネ聖堂(博物館)ならではの雰囲気、『幻想』は、カメラワークも楽しめます。指揮者前のステージ下の2台のハープ、第3楽章冒頭のバルコニーからのオーボエ演奏やティンパニによる遠雷効果など面白いです。それに『フルート協』もパユ様ファンにはたまらないでしょう。ボーナストラックのイスタンブールの様子も面白く、トルコの軍楽隊の演奏も登場します。 『幻想』ファン、パユ様ファンは必視聴です。

TKOクラシック さん | 神奈川県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
最初のハイドンはベートーヴェンのような趣...

投稿日:2010/02/04 (木)

最初のハイドンはベートーヴェンのような趣だ。もっとも、ともにウイーン古典派に属するのだから当然と言えば当然なのだが。ともかくなかなかに立派なハイドンだ。続くモーツアルトのコンツェルトは、やや硬い。フルートもオーケストラも真面目に演奏し過ぎだ。もっとしなやかさが欲しいところ。メインのベルリオーズは、弦もすごいし、管も美しい。しかし、残念ながら古典的なベルリオーズで、この時代なりの前衛性や革新性が感じられない。ベルリオーズよりはベルリン・フィルを堪能するDVDだろう。

烏 さん | 広島県 | 不明

0

ベルリオーズ(1803-1869)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品