ベルリオーズ(1803-1869)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

【中古:盤質AB】 ベルリオーズ:『幻想交響曲』、ドビュッシー:『海』 ミュンシュ&パリ管弦楽団(1967 ステレオ)

ベルリオーズ(1803-1869)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
AB
特記事項
:
帯なし,ケースすれ
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
ALT182
レーベル
International
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

ミュンシュ&パリ管弦楽団、お披露目演奏会ライヴ!
得意の『海』と『幻想交響曲』の超名演!
音質良好なステレオ録音で登場!

【平林直哉氏のコメント】
これは人間の演奏ではない。神と悪魔が手を組んだ饗宴である。
大爆発、驚天動地、未曾有、空前絶後、千載一遇−こうした言葉をいくつ並べてもこの 演奏の凄さを言い表すのに十分ではない。
トリカブトの百万倍の猛毒を持った極めて危険なライヴ録音。(盤鬼)

【フランス入魂のオーケストラの誕生】
パリ管弦楽団は、1967年に当時の文化大臣で作家でもあったアンドレ・マルロー[1901-1976]と、音楽局長で作曲家のマルセル・ランドスキ[1915-1999]の要請により、長い歴史を持つ名門、パリ音楽院管弦楽団を発展的に解消し、再編・結成されました。
 その目的は「諸外国に対し、パリおよびフランスの音楽的威信を輝かすこと」という意欲的なもので、最初から、フランスが世界に誇ることを目指していただけに、首席指揮者にもフランス随一の大物であったシャルル・ミュンシュが迎えられています。

【ミュンシュが命を捧げた熱演の数々】
そうした背景もあってか、演奏活動は設立当初からきわめて精力的におこなわれています。
 しかも翌年の4月にはソ連ツアー、その半年後には北米ツアーも敢行するという具合で、そうした激務がたたったのか、77歳のミュンシュは、ツアー先のヴァーモント州リッチモンドで心臓発作を起こして急逝することとなってしまいます。まさに命を燃やし続けた最後の活動でした。

【記念碑的な最初の演奏会】
フランス政府が威信をかけたオーケストラの最初の演奏会は、1967年11月14日にパリのシャンゼリゼ劇場でおこなわれ、マルロー文化相も臨席。ちなみに『幻想交響曲』は公演の前月にEMIによりセッション・レコーディングされていますが、『海』はパリ管とのセッション・レコーディングがおこなわれなかっただけに貴重な存在。
 演奏はどちらも指揮者とオーケストラの表現意思が完全に合致した凄いもので、強烈なダイナミクスと自在なテンポには驚くばかり。ときおり聞こえるミュンシュの気合の入った声も「特別な演奏会」の臨場感を大いに盛り上げています。

【良好な音質】
驚くのは音質です。フランス政府が威信をかけた演奏会だけあって、当時のライヴ録音としては破格の高水準で録音されており、しかもそれが国立フランス視聴覚研究所できわめて良い状態で保存されていたのです。終演後の拍手やホール内の聴衆の気配も良好なバランスで、たいへんに良い雰囲気が醸成されているのもポイントです。

【収録情報】
ドビュッシー:交響詩『海』
ベルリオーズ:幻想交響曲 作品14
 パリ管弦楽団
 シャルル・ミュンシュ(指揮)

 録音時期:1967年11月14日
 録音場所:パリ、シャンゼリゼ劇場
 録音方式:ステレオ(ライヴ)
 音源提供:国立フランス視聴覚研究所
 *CDは国内プレスとなります。

【ミュンシュ・プロフィール】
ミュンシュ[1891-1968]は、19世紀末にはまだドイツ領だったストラスブール(シュトラスブルク)に、アルベルト・シュヴァイツァーの遠縁というドイツ系の家系に生まれ、生地のストラスブール音楽院でヴァイオリン演奏や作曲を学びます。その後、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のコンサートマスターとなり、フルトヴェングラーやワルターのもとで演奏するうちにその資質を認められ、指揮の勉強をするようになったというという経歴の持ち主。
 その長い指揮棒をダイナミックに振りまわす独特の指揮スタイルは、楽員を鼓舞する力に長けており、ベルリオーズやブラームス、ベートーヴェン、ラヴェル、オネゲルなどの作品で、情熱たぎるパフォーマンスを実現することに成功していました。

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
35
★
★
★
★
☆
 
7
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
3
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
お国の肝いりで出来たオーケストラの初公演...

投稿日:2013/05/02 (木)

お国の肝いりで出来たオーケストラの初公演、1曲目が「幻想」ストラヴィンスキーの合唱曲で花を添え、最後に、海。確かに凄い、大きくて、しかし、汚い音だ、バーンスタインもかくや。ここまでやっちまう流石、ミュンシュのライヴ、唸り声も咳だって、遠慮なく入っている。これなら、40年近く、眠っていても仕方ない音源だと思う。こちらは、一夜限りの記録。でも、曲として、「幻想」聴くなら、私は、整えられた、それでも充分熱い、ミュンシュらしいEMI盤の方を、選ぶ。もっと、冷静に確信犯なら、サロネン。美しさだけを求めるなら、勘違いしてるアバド。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

3
★
★
★
★
★
シャルル・ミュンシュを音楽監督に迎えたア...

投稿日:2012/11/20 (火)

シャルル・ミュンシュを音楽監督に迎えたアンドレ・マルロー肝いりのパリ管弦楽団の1967年11月14日のお披露目コンサートの実況録音を聴きました。所はシャンゼリゼ劇場、曲目はベルリオーズの「幻想交響曲」、ストラヴィンスキーの「レクイエム・カンティクルス」、そしてドビュッシーの交響詩「海」という素敵なプログラムで、普通なら「幻想」を最後にもってくるのでしょうが、「海」をトリに据えるというのが当夜のミュンシュの秘めた料簡であったことは、この2枚組の録音を聴くと実によくわかります。 1週間にも及ぶリハーサルでミュンシュによって徹底的に鍛えられたパリ管の「幻想」は、それまで同国を代表していたパリ音楽院管の、ろくに練習もせず、各人各様の個人技を展開していた放恣なアンサンブルに比べると雲泥の差で、欧米の超一流のオケをしのぐその冷徹なまでのアンサンブルには改めて驚かされます。 しかし曲の解釈と演奏自体は彼がかつてボストン交響楽団や63年にフランス国立管弦楽団とやった演奏と大きくは違わない。終楽章の「サバトの夜の夢」もいちおう青白く燃えてはいるのだが、なぜだか彼のライヴにしては狂乱の度が抑えられ、バーンスタインやモントゥーのむきだしの熱狂が恋しくなります。さすがのミュンシュとパリ管もデビュー演奏会ということで少し硬くなっていたようです。 ところが後半のストラヴィンスキーとドビュッシーは凄かった。それまで押さえていた熱と力と意志を満を持したように全開して、指揮者もオケも歌いに歌います。ドビュッシーの「海」もこの偉大な指揮者が何度も演奏し録音してきた名曲ですが、第3曲のトランペットの強奏を耳にしながらドビュッシーがインスピレーションを得たという葛飾北斎の「富嶽三十六景・神奈川沖裏」の映像が忽然と脳裏に出現したのには我ながら驚きました。 とかくドビュシーというと印象派の点描に似た曖昧模糊とした演奏が喜ばれるようですが、当夜の「海」は一切の文学的な霧のヴェールを取り去った純音楽的な名演で、「大爆発、驚天動地、未曾有、空前絶後、千載一遇」などという惹句はもちろん大仰に過ぎますが、短くも儚く散ったこの名コンビによる記念碑的な演奏であることは間違いありません。

あまでうす さん | 神奈川県 | 不明

5
★
★
★
★
☆
パリ管弦楽団の御披露目公演と「幻想交響曲...

投稿日:2012/06/12 (火)

パリ管弦楽団の御披露目公演と「幻想交響曲」の歴史的名演ということで買ったが、粗っぽいところも見受けられて個人的には手離しで名演とは賛成しがたい。ライブならではの勢いは確かにすごい。 ストラヴィンスキイの「レクイエム・カンティクルス」をプログラムに入れるというのはなんともミュンシュらしい。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

3

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品