ベルリオーズ(1803-1869)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

【中古:盤質A】 作品全集(27CD)

ベルリオーズ(1803-1869)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
なし
コメント
:
BOX,27CD
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
9029561444
レーベル
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)


世界初! ベルリオーズ作品全集

「標題音楽」という音楽の新しいジャンルを確立し、伝統的な形式や枠組みにとらわれない自由な交響的作品を生み出した作曲家ベルリオーズ。表現はあくまでも劇的で、その色彩的管弦楽法は、多くの作曲家に影響を与えました。そうしたベルリオーズの野心、独創性、画期的な輝きのオーケストレーション作品を収録した世界初の作品全集です。

◎他レーベルではマネできない世界初の作品全集!
◎主にフランス人による定評のある名演奏で収録!
◎ワーナー音源だけでなく、他社音源やライヴ音源も借用し、現在まで発見されている作品を全て網羅!
◎このボックスのために、世界初録音曲も収録!
◎他の作曲家作品のベルリオーズ編曲版も収録!
◎世界初の『幻想交響曲』の録音であった、ルネ=バトン指揮、コンセール・パドルー(1924年録音)も最新リマスターで収録(ラジオ・フランス所有の非常に状態の良いSP盤を使用)。
◎監修とライナノーツは、現代を代表するベルリオーズ研究家、デイヴィッド・ケアンズ氏(欧文)。
◎ボックス外箱デザインと、各ディスクのスリップケースは全て、英国の画家ウィリアム・ターナー[1775-1851]の名画を使用。
◎初回生産限定盤!(輸入元情報)


【収録情報】
ベルリオーズ:作品全集


Disc1
● 序曲『宗教裁判官』Op.3, H23d
 ロジャー・ノリントン指揮、ロンドン・クラシカル・プレーヤーズ

● 序曲『ウェーヴァリー』Op.1, H26
● 序曲『リア王』Op.4, H53
● 序曲『ロブ・ロイ』 H54
 サー・エードリアン・ボールト指揮、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

● 序曲『ローマの謝肉祭』Op.9, H95
 マリス・ヤンソンス指揮、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

● 序曲『海賊』 H101
 アンドレ・プレヴィン指揮、ロンドン交響楽団

● トロイア人の行進曲 H133b
 ルイ・フレモー指揮、バーミンガム市交響楽団

Disc2-3
● 幻想交響曲 Op.14, H48
 ジャン・マルティノン指揮、フランス国立放送管弦楽団

● レリオ、あるいは生への復帰 Op.14bis, H55b
 ジャン・トパール(語り)、ニコライ・ゲッダ(テノール)
 シャルル・ブリュレ(テノール)、ジャン・ヴァン・ゴール(バリトン) 、他
 ジャン・マルティノン指揮、フランス国立放送管弦楽団&合唱団

● 交響曲『イタリアのハロルド』 Op.16, H68
 ドナルド・マッキネス(ヴィオラ)
 レナード・バーンスタイン指揮、フランス国立管弦楽団

Disc4-5
● 劇的交響曲『ロメオとジュリエット』 Op.17, H79
 ジェシー・ノーマン(ソプラノ)、ジョン・エイラー(テノール)
 サイモン・エステス(バス)、ウェストミンスター合唱団
 リッカルド・ムーティ指揮、フィラデルフィア管弦楽団

● 葬送と勝利の大交響曲 Op.15, H80b
 デジレ・ドンディーヌ指揮、ラール・ポピュレール・ド・パリ、パリ警視庁音楽隊、

● 夢とカプリッチョ Op.8, H88
 ルノー・カプソン(ヴァイオリン)
 ダニエル・ハーディング指揮、ドイツ・カンマーフィルハーモニー

● 4声のフーガ ヘ長調 H22(世界初録音)
● 3つの主題によるフーガ H35(世界初録音)
 マチュー・バブレーヌ=フォッシー(オルガン)

● 聖母のためのひなびたセレナード H98
● トッカータ ハ長調 H99
● 聖体拝受の讃歌 H100
 ニール・ライト(オルガン)
 (音源:Priory Records)

Disc6
● 私は永遠に去る H6
 クリストフ・クラペス(テノール)
 (音源:Maguelone Records)

● 羊飼いの乙女の恨み H7(世界初録音)
 エルザ・ドライジグ(ソプラノ)、ジェフ・コーエン(ピアノ)

● 2つの夜想曲 H31
● 妬み深いムーア人 H9b
● 友情よ、力を取り戻せ H10b
● 5度の自由カノン H14
● 追われた山人 H15
 フランソワーズ・ボレ(ソプラノ)、アンネ・ゾフィー・フォン・オッター(メゾ・ソプラノ)
 ジョン・エイラー(テノール)、トーマス・アレン(バリトン)
 コルト・ガーベン(ピアノ)、クリスティーネ・ミュールバッハ(ハープ)
 (音源:DG)

● 泣きなさい、哀れなコレットよ H11
 フェリシティ・ロット(ソプラノ)、アン・マレイ(ソプラノ)
 グラハム・ジョンソン(ピアノ)

● 君はかの人を愛し涙する H16
 ジル・ラゴン(テノール)、ジャン=ルイ・アグノエル(ピアノ)

● カンタータ『ギリシャ革命』 H21a
 ニコラ・リヴェンク(バリトン)、ロラン・ナウリ(バス)、レ・ゼレマン合唱団
 ミシェル・プラッソン指揮、トゥールーズ・キャピトール国立管弦楽団

● カンタータ『エルミニー』 H29
 ジャネット・ベイカー(メゾ・ソプラノ)
 サー・コリン・デイヴィス指揮、ロンドン交響楽団
 (音源:Philips)

Disc7
● カンタータ『オルフェウスの死』 H25
 ロランド・ヴィラゾン(テノール)、レ・ゼレマン合唱団
 ミシェル・プラッソン指揮、トゥールーズ・キャピトール国立管弦楽団

● カンタータ『クレオパトラの死』 H36
 ヴェロニク・ジャンス(ソプラノ)、
 ルイ・ラングレエ指揮、 リヨン国立歌劇場管弦楽団

● 『ファウスト』からの8つの情景 Op.1, H33
 アンゲリカ・キルヒシュラーガー(メゾ・ソプラノ)、フレデリク・カトン(バス)
 ジャン=ポール・フシェクール(テノール)、フランス放送合唱団、他
 佐渡 裕 指揮、フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団

● 亡霊の踊り H37
 ダヴィド・ビスマス(ピアノ)、レ・ゼレマン合唱団

● カンタータ『サルダナパールの死』 H50
 ダニエル・ガルベス=バレーホ(テノール)、パ・ド・カレー合唱団
 ジャン=クロード・カザドシュ指揮、リール国立管弦楽団
 (音源:Naxos)

Disc8
● アイルランド歌曲集 Op.2, H38 (H39-47)
 トーマス・ハンプソン(バリトン)、ジェフリー・パーソンズ(ピアノ)
 フランソワーズ・ボレ(ソプラノ)、ロランド・ヴィラゾン(テノール)
 アンネ・ゾフィー・フォン・オッター(メゾ・ソプラノ)
 ロラン・ナウリ(バス)、コルト・ガーベン(ピアノ)
 レ・ゼレマン合唱団、ダヴィド・ビスマス(ピアノ)

● 神聖な歌 H44b
● 宗教的瞑想曲 H56b
 ロランド・ヴィラゾン(テノール)、レ・ゼレマン合唱団
 ミシェル・プラッソン指揮、トゥールーズ・キャピトール国立管弦楽団

● 囚われの女 Op.12, H60f
 ヴェロニク・ジャンス(ソプラノ)
 ルイ・ラングレエ指揮、リヨン国立歌劇場管弦楽団

● 牧場 H67b
● あなたを信じています H70
● ブルターニュ人の歌 H71b
● シャンソネット(レオン・ド・ヴァイイ氏の小唄) H73
 ジョン・エイラー(テノール)、トーマス・アレン(バリトン)、コルト・ガーベン(ピアノ)
 (音源:DG)

Disc9
● ブルターニュの若い羊飼い H.65d
 ハワード・クルック(テノール)
 サー・ジョン・エリオット・ガーディナー指揮、リヨン国立歌劇場管弦楽団

● 水浴びをするサラ H69c
 レ・ゼレマン合唱団
 ミシェル・プラッソン指揮、トゥールーズ・キャピトール国立管弦楽団

● オーバード H78b
 ハワード・クルック(テノール)
 サー・ジョン・エリオット・ガーディナー指揮、リヨン国立歌劇場管弦楽団

● 歌曲集『夏の夜』 Op.7, H81b(異なる独唱による)
 キャサリン・ロビン(メゾ・ソプラノ)、ダイアナ・モンタギュー(メゾ・ソプラノ)
 ハワード・クルック(テノール)、ジル・カシュマイユ(バリトン)
 サー・ジョン・エリオット・ガーディナー指揮、リヨン国立歌劇場管弦楽団

● 歌曲集『夏の夜』 Op.7, H81b(メゾ・ソプラノ版)
 ジャネット・ベイカー(メゾ・ソプラノ)
 サー・ジョン・バルビローリ指揮、ニュー・フィルハーモニア管弦楽団

Disc10-11
● 5月5日(ナポレオン皇帝の死に寄せる歌) H74
 ロラン・ナウリ(バリトン)、レ・ゼレマン合唱団、
 ミシェル・プラッソン指揮、トゥールーズ・キャピトール国立管弦楽団

● 劇的物語『ファウストの劫罰』 Op.24, H111
 トマス・モーザー(テノール)、ジョゼ・ヴァン・ダム(バリトン)
 スーザン・グラハム(メゾ・ソプラノ)、フレデリック・カトン(バス)
 ケント・ナガノ指揮、リヨン歌劇場管弦楽団&合唱団

Disc12
● オフィーリアの死 H92a
 サビーヌ・ドゥヴィエル(ソプラノ)、アレクサンドル・タロー(ピアノ)

● 美しいイザボー H94
 アンネ・ゾフィー・フォン・オッター(メゾ・ソプラノ)、コルト・ガーベン(ピアノ)
 ストックホルム王立歌劇場合唱団員
 (音源:DG)

● 『ハムレット』終幕のための葬送行進曲 H103
 ルイ・フレモー指揮、バーミンガム市交響楽団

● デンマークの狩人 H104b
 ジル・カシュマイユ(バリトン)
 サー・ジョン・エリオット・ガーディナー指揮、リヨン国立歌劇場管弦楽団

● ザイード H107b
 ヴェロニク・ジャンス(ソプラノ)
 ルイ・ラングレエ指揮、リヨン国立歌劇場管弦楽団

● 鉄道の歌 H110
 ロランド・ヴィラゾン(テノール)、レ・ゼレマン合唱団
 ミシェル・プラッソン指揮、トゥールーズ・キャピトール国立管弦楽団

● 朝の祈り H112
● フランス讃歌 H97(民の声 H120)
● フランク族の脅威 H117
 サー・ロジャー・ノリントン指揮、ハインリヒ・シュッツ合唱団
 (音源:Decca)

● わな H113
 ビクトリア・デ・ロス・アンヘレス(ソプラノ)
 ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)、ジェラルド・ムーア(ピアノ)

● カンタータ『帝国』 H129
 シャルル・デュトワ指揮、モントリオール交響楽団&合唱団
 (音源:Decca)

● 万人の聖堂 H137a(ハーモニウム版)
 ライランド・デイヴィス(テノール)、ピーター・スミス(ハーモニウム)
 サー・ロジャー・ノリントン指揮、ハインリヒ・シュッツ合唱団
 (音源:Decca)

● 万人の聖堂 H137c(管弦楽版)(世界初録音)
 スピリト、青少年交響合唱団、リヨン・オラトリオ合唱団
 フランソワ=グザヴィエ・ロト指揮、レ・シエクル
 (音源:ベルリオーズ音楽祭)

Disc13
● 荘厳ミサ曲 H20a
 ドナ・ブラウン(ソプラノ)、ジャン=リュク・ヴィアラ(テノール)
 ジル・カシュマイユ(バリトン)、モンテヴェルディ合唱団
 オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク
 サー・ジョン・エリオット・ガーディナー指揮
 (音源:Philips)

● 魔術師たちの四重唱と合唱 H59
 シャルル・デュトワ指揮、モントリオール交響楽団&合唱団
 (音源:Decca)

Disc14-15
● レクィエム Op.5, H75
 ロバート・ティアー(テノール)
 ルイ・フレモー指揮、バーミンガム市交響楽団&合唱団

● テ・デウム Op.22, H118
 ロベルト・アラーニャ(テノール)、マリー=クレール・アラン(オルガン)
 パリ大聖堂児童合唱団、ヨーロッパ共同体児童合唱団、アントニー教会少年合唱団
 ジョン・ネルソン指揮、 パリ管弦楽団

Disc16-17
● オラトリオ『キリストの幼時』 Op.25, H130
 アンネ・ゾフィー・フォン・オッター(メゾ・ソプラノ)
 アンソニー・ロルフ=ジョンソン(テノール)
 ミシェル・フォクノワ(テノール)、ジル・カシュマイユ(バリトン)
 ルネ・シレール(バリトン)、ジョゼ・ヴァン・ダム(バス)
 ジュール・バスタン(バス)、モンテヴェルディ合唱団
 サー・ジョン・エリオット・ガーディナー指揮、リヨン国立歌劇場管弦楽団

● 新しい聖櫃の奉献の讃歌 H135
● モテット『来たれ、創造の主よ』 H141
● 大いなる秘跡 H142
 ジョエル・スービエ指揮、レ・ゼレマン合唱団

Disc18-20
● 歌劇『ベンヴェヌート・チェッリーニ』(パリ第1版による全曲) H76a
 グレゴリー・クンデ(テノール)、パトリツィア・チオーフィ(ソプラノ)
 ジョイス・ディドナート(メゾ・ソプラノ)、ジャン=フランソワ・ラポワント(バリトン)
 ロラン・ナウリ(バリトン)、ルノー・ドゥレグ(バス)
 エリク・サルア(テノール)、フランス放送合唱団
 ジョン・ネルソン指揮、フランス国立管弦楽団

● 歌劇『血にまみれた尼』 H91(未完作品からの断章)(世界初録音)
 マーク・ヴァン・アースデール(テノール)
 ヴェロニク・ジャンス(ソプラノ)、ヴァンサン・ル・テクシエ(バリトン)
 ダニエル・カフカ指揮、オーケストラOSE!
 (音源:ベルリオーズ音楽祭)

Disc21-22
● 歌劇『ベアトリスとベネディクト』 H138(全曲)
 スーザン・グラハム(ソプラノ)、シルヴィア・マクネアー(ソプラノ)
 キャサリン・ロビン(メゾ・ソプラノ)、ジャン=リュック・ヴィアラ(テノール)
 ジル・カシュマイユ(バリトン)、ガブリエル・バキエ(バリトン)
 ヴァンサン・ル・テクシエ(バリトン)、フィリップ・マニャン(ナレーション)
 ジョン・ネルソン指揮、リヨン歌劇場管弦楽団&合唱団

Disc23-26
● 歌劇『トロイアの人々』 H133(全曲)
 ジョイス・ディドナート(ディド)、マイケル・スパイアーズ(エネ)
 マリー=ニコル・ルミュー(カサンドル)、マリアンヌ・クレバッサ(アスカーニュ)
 ステファヌ・ドゥグー(ロレーブ)、ニコラ・クルジャル(ナルバル)
 スタニスラス・ドゥ・バルビラック(エレニュス)、フィリップ・スライ(パンテー)
 ジャン=ジャック・グリュネンワルド(プリアム)、ハンナ・ヒップ(アンナ)
 シリル・デュボワ(イオパス)、ライン国立歌劇場合唱団、バーデン州立歌劇場合唱団、他
 ジョン・ネルソン指揮、ストラスブール・フィルハーモニー管弦楽団

● ド・リール(ベルリオーズ編曲):新たなテミドールの歌 H51bis
● ド・リール(ベルリオーズ編曲):ラ・マルセイエーズ H51a
 オー・ド・セーヌ児童合唱団、トゥールーズ・キャピトール合唱団
 ミシェル・プラッソン指揮、トゥールーズ・キャピトール国立管弦楽団

● ウェーバー(ベルリオーズ編曲): 舞踏への勧誘 H90
 アンドレ・クリュイタンス指揮、パリ音楽院管弦楽団

● マルティーニ(ベルリオーズ編曲):愛のよろこびは H134
 フランソワ・ル・ルー(バリトン)
 シャルル・デュトワ指揮、モントリオール交響楽団
 (音源:Decca)

● シューベルト(ベルリオーズ編曲):魔王 H136
 スタニスラス・ドゥ・バルビラック(テノール)、
 ロランス・エキルベイ指揮、インスラ・オーケストラ

Disc27(オリジナル78RPMsから新規最新リマスター)
● 歌劇『トロイアの人々』よりアリア「Chers Tyriens, tant de nobles travaux」
 マリー・デルナ(メゾ・ソプラノ)
 録音:1903年

● 歌劇『トロイアの人々』よりアリア「Adieu, fiere cite」
 フェリア・リトヴィンヌ(ソプラノ)
 録音:1904年

● 幻想交響曲 Op.14a, H48 (1830)
 ルネ=バトン指揮、パドルー管弦楽団
 録音:1924年10月14,17,18日、パリ

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Les Francs-Juges, Op. 3, H. 23d: Overture - By Sir Roger Norrington

ディスク   2

  • 01. Symphonie Fantastique, Op. 14, H. 48: I. Rveries - Passions - By Jean Martinon

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ベルリオーズの楽曲は「幻想」が圧倒的にメ...

投稿日:2019/04/21 (日)

ベルリオーズの楽曲は「幻想」が圧倒的にメジャーではあるものの、「ラコッツィ行進曲」のような有名な曲も「おまけ」みたいにCDにカップリングされていた抜粋を聴くぐらいなので、こういった企画は実に興味深い。そもそもこのボックスを購入した切っ掛けは、YouTubeのプロモビデオ2曲目、「このエキゾチックな旋律はなんなんだ?」から。(先にレビューした方とおんなじ (;^ω^) まんまと発売側の思惑に乗っかりました ちなみに気になった曲はDisc 23-26 歌劇『トロイアの人々』の3枚目、トラックNo.7の ”Ha! Ha!”でした ) 収録されている聴いたことが無い楽曲をじっくり聴かせてもらったが、色々な曲に幻想交響曲に使用されている旋律が見出されるなど好奇心がくすぐられ、またベルリオーズ独特の持ち味を感じ取ることができた。良い。

爺さん さん | 千葉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
utubeプロモーションの二曲目は何という曲...

投稿日:2018/12/07 (金)

utubeプロモーションの二曲目は何という曲でしょうか?

ソロ活人 さん | 奈良県 | 不明

2

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品