CD 輸入盤

ベルク:ヴァイオリン協奏曲、バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番、他 コーガン、ロジェストヴェンスキー&モスクワ放送響、P.コーガン

ベルク(1885-1935)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MELCD1002241
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Russia
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ベルク:ヴァイオリン協奏曲、バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番、他
レオニード・コーガン、ロジェストヴェンスキー&モスクワ放送交響楽団


20世紀ロシアの大ヴァイオリニスト、レオニード・コーガン[1924-1982]の生誕90周年を記念した、J.S.バッハとベルクのヴァイオリン協奏曲集。バッハのニ短調は、父レオニードと息子パヴェルの親子共演! ディジパック仕様。(東京エムプラス)

【収録情報】
1. J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調 BWV.1042
2. J.S.バッハ:2本のヴァイオリンのための協奏曲ニ短調 BWV.1043
3. ベルク:ヴァイオリン協奏曲『ある天使の思い出に』

 レオニード・コーガン(ヴァイオリン)
 パヴェル・コーガン(ヴァイオリン:2)
 モスクワ放送交響楽団
 ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー(指揮)

 録音時期:1967年(3)、1971年(1,2)

収録曲   

  • 01. Allegro - Leonid Kogan/Moscow Radio Symphony Orchestra
  • 02. Adagio - Leonid Kogan/Moscow Radio Symphony Orchestra
  • 03. Allegro Assai - Leonid Kogan/Moscow Radio Symphony Orchestra
  • 04. Vivace - Various Performers
  • 05. Largo, Ma Non Tanto - Various Performers
  • 06. Allegro - Various Performers
  • 07. Andante - Allegretto - Leonid Kogan/Moscow Radio Symphony Orchestra

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ベルクの『ヴァイオリン協奏曲』が聴きたか...

投稿日:2019/12/08 (日)

ベルクの『ヴァイオリン協奏曲』が聴きたかったので購入したのだが、コーガンのバッハがとても素晴らしい。 ベルクの演奏は、まだそれほど練られていないという印象を持った。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベルク(1885-1935)

“アルバン・マリア・ヨハネス・ベルク[1885-1935]は、新ウィーン楽派の一員として、シェーンベルク、ヴェーベルンと共に活躍したオーストリアの作曲家。師のシェーンベルクのもと、ヴェーベルンが未来を志向したと言われるのに対し、ベルクは過去と密接に繋がって、無調や十二音の作品でさえ後期ロマン派的で濃密な気配を感じさせたのがポイント。 裕福な商人の家庭に生まれたベルクは、最初、文学や演劇に関心を持っ

プロフィール詳細へ

ベルク(1885-1935)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品