SACD

Norma: Serafin / Teatro Alla Scala Callas Filippeschi Stigani

ベッリーニ(1801-1835)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCS13173
組み枚数
:
3
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド

内容詳細

マリア・カラスの代表的なレパートリーとなった『ノルマ』の最初の録音(1954年)で、トゥリオ・セラフィン指揮ミラノ・スカラ座管との共演。当時のイタリアのトップ・メゾ、エベ・スティニャーニとの二重唱も聴きどころのひとつだ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
カラスのノルマは徹頭徹尾素晴らしい。この...

投稿日:2011/01/24 (月)

カラスのノルマは徹頭徹尾素晴らしい。この歌唱があるが故にCD・DVDで聴ける範囲ではプリマドンナという言葉は真の意味においてはカラスをさすといいたいくらいです。全盛期の彼女はオペラハウスのない国には全く興味がなかったらしいが、気まぐれで一度でもイタリアオペラで来日してくれていたら、シミオナート、デルモナコとともに空前絶後の舞台がNHKで録画されたろうにという夢想までししまう。

西荻椿山 さん | 東京都 | 不明

1

ベッリーニ(1801-1835)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品