CD 輸入盤

ベッリーニの肖像〜オペラ・アリア集 グルベローヴァ

ベッリーニ(1801-1835)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
NC001024
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

グルベローヴァのベッリーニ・ベスト集!
『カプレーティとモンテッキ』のジュリエッタのアリアは初出!


長年に渡ってプリマドンナとして舞台に立ち続けてきたグルベローヴァですが、特に力を入れたのがベッリーニのオペラでした。NIGHTINGALEに『夢遊病の女』、『ノルマ』、『ベアトリーチェ・ディ・テンダ』、『清教徒』の4つの全曲録音を残しています。
 このCDには、この4つの全曲盤からの名場面と、狂乱の場を集めたリサイタルCDから『海賊』を収録、さらにこれが初出となる『カプレーティとモンテッキ』のジュリエッタの歌を2曲収録。いずれも全盛期のグルベローヴァの超絶歌唱の凄さが実感できる歌ばかりで、ただただ圧倒的。グルベローヴァ・マニアはもちろん、これからグルベローヴァを聴いてみようという方にもお薦めの1枚です。(キングインターナショナル)

【収録情報】
ベッリーニ:
・『海賊』〜その無心の微笑みで(狂乱の場)
 モニカ・シュミット(メゾ・ソプラノ:アデーレ)
 ミュンヘン放送管弦楽団、バイエルン放送合唱団
 ファビオ・ルイージ(指揮)
 録音時期:1994年

・『カプレーティとモンテッキ』〜ああ! いく度か
・『カプレーティとモンテッキ』〜ああ、私には行くことはできない
 タマーシュ・クレメンティス(バリトン:カペッリオ)
 アーウィン・シュロット(バス:ロレンツォ)
 北ハンガリー交響楽団、ハンガリー国立合唱団
 フリードリヒ・ハイダー(指揮)
 録音時期:1999年

・『夢遊病の女』〜ああ花よ、こんなにも早く
 ホセ・ブロス(テノール:エルヴィーノ)
 ミュンヘン放送管弦楽団
 マルチェッロ・ヴィオッティ(指揮)
 録音時期:1998年

・『ノルマ』〜清き女神
 ヴォーカル・アンサンブル・ラシュタット
 ラインラント=プファルツ州立フィルハーモニー管弦楽団
 フリードリヒ・ハイダー(指揮)
 録音時期:2004年

・『ベアトリーチェ・ディ・テンダ』〜もし墓があるなら
 ORF交響楽団、ウィーン・ジュネス合唱団
 ピンカス・スタインバーグ(指揮)
 録音時期:1992年

・『清教徒』〜ああ、寺院にいらして
 カルロ・トゥアンド(テノール:ブルーノ)
 エットレ・キム(バリトン:リッカルド)
 フランチェスコ・エッレーロ・ダルテーニャ(バス:ジョルジョ)
 ミュンヘン放送管弦楽団、バイエルン放送合唱団
 ファビオ・ルイージ(指揮)
 録音時期:1993年

 エディタ・グルベローヴァ(ソプラノ)

収録曲   

  • 01. Oh! S'io Potessi
  • 02. Col Sorriso D'innocenza
  • 03. Qual Sono/Oh, Sole!
  • 04. Eccomi in Lieta Vesta
  • 05. Oh! Quante Volte
  • 06. Morte Io Non Temo
  • 07. Ah Non Poss'io Partire
  • 08. Ah! Non Credea Mirarti
  • 09. Casta Diva
  • 10. Ah! Se Un'urna
  • 11. Oh, Infelice!/Ah! la Morte
  • 12. Oh, Vieni Al Tempio

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
グルベローヴァのソプラノは、すばらしい。...

投稿日:2016/10/23 (日)

グルベローヴァのソプラノは、すばらしい。 ベッリーニのオペラアリアが聴きたくて購入しました。 本アルバムには、1968年のオペラデビュー後24〜34年の録音が収められています。いずれも感情が入っていて、心に伝わってきます。 Nightingale *cl* No:NC001024(発売2012年08月25日)は、「これからグルベローヴァを聴いてみよう」という方にもお薦めの1枚だと思います。

HQ さん | 愛知県 | 不明

0

ベッリーニ(1801-1835)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト