CD 輸入盤

『夢遊病の女』全曲 デ・マルキ&スキンティッラ管、バルトリ、フローレス、他(2007 ステレオ)(2CD)

ベッリーニ(1801-1835)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4781087
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

バルトリ&フローレス/ベッリーニ:『夢遊病の女』

2大スターの共演で贈る、演奏史上初の試み
今日のベル・カント世界を代表する2大スーパースターの夢の共演。チェチーリア・バルトリとファン・ディエゴ・フローレス、2人の共演では初録音となるベッリーニの傑作オペラ『夢遊病の女』をお届けします。2人のファンにとってマスト・アイテムになることはもちろん、メゾ・ソプラノが主役のアミーナを歌い、ピリオド・オーケストラが伴奏を務めるという、このオペラの演奏史上初となる試みにも大きな期待が集まる1枚です。(ユニバーサルIMS)

・ベッリーニ:歌劇『夢遊病の女』全曲
 チェチーリア・バルトリ(メゾ・ソプラノ:アミーナ)
 ファン・ディエゴ・フローレス(テノール:エルヴィーノ)
 イルデブランド・ダルカンジェロ(バス:ロドルフォ伯爵)
 リリアーナ・ニキテアヌ(メゾ・ソプラノ:テレサ)
 ゲンマ・ベルタニョーリ (ソプラノ:リーザ)
 ペーター・カルマン(バス:アレッシォ)
 ハビエル・カマレナ(テノール:公証人)
 スキンティッラ管弦楽団
 アレッサンドロ・デ・マルキ(指揮)

 録音:2007年(デジタル)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. レビューに記載

ディスク   2

  • 01. レビューに記載

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
バルトリの歌に込める情感が凄い。また、ア...

投稿日:2011/08/08 (月)

バルトリの歌に込める情感が凄い。また、アミーナがメゾであることも、とても新鮮だ。バルトリは高度なテクニックも持っているし、こういう「夢遊病の女」もアリだ!と思った。 エルヴィーノのフローレスのベルカントが素晴らしいのは勿論だし、ロドルフォのダルカンジェロも威厳すら感じさせる素晴らしい歌唱。 これからコロラトゥーラ・ソプラノやカラスがアミーナの「夢遊病の女」と、このバルトリの「夢遊病の女」どちらも愛聴していくことになると思う。

静流 さん | 福岡県 | 不明

2
★
★
★
★
★
ピリオド楽器による世界初録音であるとか、...

投稿日:2010/01/10 (日)

ピリオド楽器による世界初録音であるとか、主役のアミーナにメゾソプラノを起用した原典版であるとか、本CDにはさまざまなポイントがあるが、そのようなことを度外視しても、十分に存在価値のある優れた名演である。最近では、オペラの新譜などきわめて稀少な存在になりつつあるが、そのような中にあっては、なおさら燦然と輝く金字塔とも言える。何よりも、主役であるアミーナのバルトリと、エルヴィーノのフローレスの若きコンビが最高のパフォーマンスを示しているのが見事である。今をときめく両者の共演は本盤が初めてと言うが、そうとは思えないほどの息のあった名コンビぶりだ。特に、第1幕の二重唱は絶美の美しさで、これぞイタリアオペラの真髄を思い知らされるようだ。他の歌手陣では、ロドルフォ伯爵のダルカンジェロの歌唱が重厚な味を見せており、アレッシオのカールマンのナンパぶりもなかなかのものだ。指揮者については、私もあまり情報を持ち合わせていないが、本盤の見事な演奏を聴く限りにおいては、力量にいささかの不足もない。オーケストラや合唱団も素晴らしい演奏を行っており、本盤の価値をより一層高めることに貢献している。本盤が、2009年度のレコードアカデミー賞大賞を受賞したのも、当然のことと考える。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

3
★
★
★
★
★
歌の演技も素晴らしいし、版を見直したせい...

投稿日:2009/02/25 (水)

歌の演技も素晴らしいし、版を見直したせいか新鮮に響きます。ベッリーニは後期ロマン派ではないですよ。

Gunslinger さん | 大阪 | 不明

5

ベッリーニ(1801-1835)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品