ヘンリ・デーヴィド・ソロー

人物・団体ページへ

森の生活 ウォールデン 講談社学術文庫

ヘンリ・デーヴィド・ソロー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784061589612
ISBN 10 : 406158961X
フォーマット
出版社
発行年月
1991年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,507p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • マウリツィウス さん

    ソローの言葉を読み、考えることがあります。生きていく上での「知恵と知識」は矛盾するものではない。「常識」を固定観念の代名詞としなかったソローの意図はギリシャの時代を懐古的に復元したものではないとも捉えます。つまりソローは快楽や余興の意味を「学びの時間」へと変えた。そしてソローは「現実」を極めて穏当に捉える。『聖書』あるいはホメロスを生活の指針へと変えたソローは現実と言葉の総和を矛盾無く説く。アメリカにおける「自由と思想」をはっきりと見据えた結果でしょうか。聖書とギリシャに育まれた「懐かしい土地の思い出」。

  • fseigojp さん

    ビーパル世代のバイブル 師匠は、あのトランセンデンタリズムのエマーソンだとのこと これ幕末の話ですからねえ アメリカはすごい

  • 長谷川透 さん

    森を捨て都市を築く。いつしか森から人の姿は消え、森は切り開かれて都市と化していく。文明批判の書として有名な書物であり、実際には全くその通りなのであるが、この本は孤独の書でもある。森の隠者として暮らしたソローは孤独の中でこの本を記す。孤独との向き合い方を書くが、彼にとって孤独は健全な状態である。孤独の中に生きる者のとる行動は2種類あると思う。1つは孤独の中に新たな己の王国を構築し、その支配者として君臨する。もう1つは孤独の中で自己を極限まで透明にし自己を孤独に同化させることだ。ソローは後者である。

  • ハチアカデミー さん

    B 退屈である。自然の中に身を投じ、社会を客観的に見つめ直し、呪詛を吐く。己の生活を省み、それが如何に世俗や風習に惑わされたものであったかを考察する。そして、自然への予測できない驚きや、人間に介入するのではなく、かってに成長し、破壊する実在にふれる。本書の退屈さは、本書の価値を貶めるものではなく、端から楽しませるつもりはないが故のもの。現代社会が求める短絡的な結論も、けばけばしい娯楽性もない。ただただ森の中での思考を綴る。とはいえ、ソローの持つある種の俗っぽさ、小市民さも魅力。怒りっぽいし。

  • Ecriture さん

    森で孤独な生活をする男と思いきや、そうではない。「コスモポリタン」という言葉が何度も登場し、一人の生活に地球全土の物質と思考が流れ込む。地球の隣の惑星との隔たりまで考え始め、「惑星思考」のアメリカ文学の祖と言える。また、家の材料や食料全てに詳細に値段表がつけられるあたり、地球全土に資本主義が透徹する予兆を感じる。ニーチェのルサンチマン論のごとく、価値判断を転倒させ続けるソローが森の家を出ることは必然であっただろう。他なる生を思いつつ、自らの居場所を肯定する。ニーチェと少しだけ時代がかぶるだけある。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品