友だちの友だち

ヘンリ・ジェームズ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784336025692
ISBN 10 : 433602569X
フォーマット
出版社
発行年月
1989年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
280p;23X13

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 内島菫 さん

    「私的生活」では、公的生活は空っぽだが私的生活では誰の目に触れないながらも才能を発揮する人と、公的生活しかなく私的生活はその妻さえ目にしたことのない人が対照的に、しかし裏表のように描かれている。前者の私的生活におけるもう一人の彼は分身でありつつも本物としても扱われるが、分身は逆説的にその人の欠陥を露わにするものであり、後者の完璧さは大きな空虚を内包するという点で、両者は同じものであるだろう。「オウエン・ウィングレイヴの悲劇」と「友だちの友だち」では、幽霊の存在が主人公たちに大きな影響を与える。

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    「アスパンの手紙」と「ねじの回転」しかヘンリー・ジェームズ作品は読んでいませんが彼の作品は読者が登場人物と同じ目線で事実を知ることしかできないという文体になっている。それは一人称から全てを俯瞰する「神=読者」の視点へとなったメルヴェルの「白鯨」とは異なった手法である。表題作はその手法に見事に欺かれるからこその女性の燻る嫉妬や寂寥感が胸に残ります。「ノースモア卿夫人の転落」は成功を収める相手への不満と積もりに積もった想いが静かに化学反応を起こす描写が印象的でした。

  • きりぱい さん

    「私的生活」のみ既読。一番短く、なかでも普通の話「ノースモア卿夫妻の転落」がよかった。成功者として称賛を浴びる夫の友人ノースモア卿。本当はそんな器の人ではないのに、夫こそそれに値する人なのにと、くすぶる不満とみじめな気持とどう渡り合うか・・。表題作は少しばかり幻想風味。不思議な体験を共通する二人を対面させようと心を砕いた女性が、文字通り自分の心を砕かれてしまう哀話。自ら招いたとはいえ、嫉妬の芽ばえからふっきるまでの心理が切ない。

  • ovonkovon さん

    一人称は語り手と読み手のシンクロを狙って使われることが多いが、ジェイムズの多用する一人称、もしくはそれに近い三人称は、それを踏まえたうえでの更なる効果を狙っているようだ。語り手の過去、教育、身分などが、彼らの口をときに曖昧に閉ざし、異様に思われる情熱や疑惑を語らせ、読み進めるごとに読み手は語り手と乖離せざるを得ない。語り手の観るもの、語る解釈を、半ば疑いながらも疑いきれず、どこへ運ばれるかも分からずについてゆくが、そうしてたどり着く終着も、この葛藤を深めるばかりだ。結構好み。ボルヘスの序文も良い。

  • kkef さん

    怪談仕立ての「オウエン・ウィングレイブの悲劇」「友だちの友だち」が好みだけど、読後重いのは「ノースモア卿夫妻の転落」。夫人の主観だけで語られるので、彼女の懊悩にひきこまれながらも、本当に夫には才能があったのか?復讐を計画していたのか?真実はわからず読者はもやもやしつづけるしかない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

その他 に関連する商品情報

  • 池井戸潤、待望の第2弾『下町ロケット2』 その部品があるから救われる命がある。佃製作所の新たな挑戦を描いたヒット作の第2弾、池井戸潤の『下町ロケット2』が入荷... |2016年01月04日 (月) 09:00
    池井戸潤、待望の第2弾『下町ロケット2』
  • 読書グッズなら文具ストア ブックカバー、しおりのほか、拡大鏡やページ戻りを防止するブックスストッパーなど、読書に便利なアイテムが満載。 |2015年12月01日 (火) 20:42
    読書グッズなら文具ストア
  • 新しいタイプの拡大鏡で読書が楽しくなる! 今売れているルーペ『LED拡大鏡Smolia』は全5色。本や新聞などの紙面の上を滑らせて使う拡大鏡。内部にライトを装... |2015年11月04日 (水) 17:11
    新しいタイプの拡大鏡で読書が楽しくなる!
  • 子どもが算数好きになるグッズ サイコロの数字を組み合わせる計算ゲーム『ジャマイカ』は、小学校の授業でも採用されている話題のアイテム。友達同士、親子... |2015年05月08日 (金) 21:39
    子どもが算数好きになるグッズ
  • ふとした瞬間に変装できる「しおり」 本に挟んで使う「しおり」が変装アイテムに!集合写真などで、サッとを取り出し、顔に当てて変装すれば、愉快な写真を撮影す... |2015年02月24日 (火) 16:43
    ふとした瞬間に変装できる「しおり」
  • 文具王が本気で作ったノート 「TVチャンピオン」で優勝した「文具王」高畑正幸がデザインした究極のノート『アクセスノートブック』。細かな工夫が随所... |2014年09月19日 (金) 14:31
    文具王が本気で作ったノート

おすすめの商品