CD

歌劇『ガウラのアマディージ』全曲 マルク・ミンコフスキ&ルーヴル宮音楽隊、ナタリー・シュトゥッツマン、ベルナルダ・フィンク、他(1989 ステレオ)(2CD)

ヘンデル(1685-1759)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCS16311
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ヘンデル:歌劇『ガウラのアマディージ』(2CD)
マルク・ミンコフスキ&ルーヴル宮音楽隊


1715年にロンドンで発表されたヘンデルの比較的初期のイタリア・オペラえを、活気に溢れた伴奏の下、四人の女性歌手らが織りなす情感のタペストリー。日本語解説・歌詞訳付。(メーカー資料より)

【収録情報】
● ヘンデル:歌劇『ガウラのアマディージ』全曲


 ジェニファー・スミス(ソプラノ)
 アイズウェン・ハリー(ソプラノ)
 パスカル・ベルタン(カウンターテナー)
 ナタリー・シュトゥッツマン(アルト)
 ベルナルダ・フィンク(アルト)、他
 ルーヴル宮音楽隊
 マルク・ミンコフスキ(指揮)

 録音時期:1989年11-12月
 録音方式:ステレオ(デジタル)

【オリジナーレ シリーズ】
バッハやモーツァルトの「時代の音」。
テルデック、エラート、旧ヴァージン・クラシックス、旧EMIの貴重なオリジナル楽器演奏録音の、待望の再発売!
メジャー各社、古楽の専門レーベルを設立しているが、これらは最古参のレーベル。
ピリオド楽器を用いた演奏の録音を開始しており、当時は“斬新なレーベル”として一世を風靡していた。現在廃盤となっている作品も数多く、この度人気作品を再発売!!

・オリジナル楽器による演奏を厳選
・すべて日本語解説、歌詞対訳付
・できる限り、オリジナル・ジャケットを使用(メーカー資料より)

内容詳細

「ガウラのアマディージ」は、ヘンデルのロンドン時代の作品。魔女が登場する魔術オペラである。89年、パリでのスタジオ録音。まだ20代後半であったミンコフスキが創設して間もないルーヴル宮音楽隊と意欲的な演奏を繰り広げている。シュトゥッツマンの深みのある歌声も魅力的。(治)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

ディスク   2

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ヘンデル(1685-1759)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品