SACD 輸入盤

合奏協奏曲 作品6より第7番〜第12番 ベルリン古楽アカデミー

ヘンデル(1685-1759)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PTC5186738
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Holland
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明


スタイリッシュな快演を披露!
名人集団ベルリン古楽アカデミーによるヘンデルのコンチェルト・グロッソより第7番から第12番


SACD ハイブリッド盤。名人集団ベルリン古楽アカデミーが「PENTATONE」レーベルからリリースしたヘンデルの合奏協奏曲(コンチェルト・グロッソ) Op.6より第1番から第6番の続編、第7番から第12番がリリースされます!
 コンチェルト・グロッソとはバロック時代特有の協奏曲で、複数の独奏者によって編成される独奏楽器群と、オーケストラ全員による大合奏群との間の音量的、技巧的対比を楽しむ音楽で、ヘンデルが1739年に作曲したコンチェルト・グロッソ Op.6 は12曲からなります。流石ベルリン古楽アカデミーといえるアンサンブルとしての統率と、個々の奏者の自主性との絶妙なバランスが光り輝きます。愉悦の極みのヘンデルをお楽しみいただけます!(輸入元情報)

【収録情報】
ヘンデル:
● 合奏協奏曲第7番変ロ長調 Op.6-7, HWV.325
● 合奏協奏曲第8番ハ短調 Op.6-8, HWV.326
● 合奏協奏曲第9番ヘ長調 Op.6-9, HWV.327
● 合奏協奏曲第10番ニ短調 Op.6-10, HWV.328
● 合奏協奏曲第11番イ長調 Op.6-11, HWV.329
● 合奏協奏曲第12番ロ短調 Op.6-12, HWV.330


 ベルリン古楽アカデミー
 ベルンハルト・フォルク(ヴァイオリン/コンサートマスター)

 録音時期:2019年2月
 録音場所:ベルリン、ニコデマス教会
 録音方式:ステレオ(DSD/セッション)
 レコーディング・プロデューサー&編集:カレル・ブリュッゲマン(ポリヒムニア・インターナショナル)
 バランス&レコーディング・エンジニア:ジャン=マリー・ヘイセン(ポリヒムニア・インターナショナル

 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND
 ディジパック仕様

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ヘンデル(1685-1759)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品