CD

合奏協奏曲作品6(全曲) イタリア合奏団(3CD)

ヘンデル(1685-1759)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
COCQ84335
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

DENON名盤BOX−5
イタリア合奏団/ヘンデル:合奏協奏曲集 op.6全曲(3CD)

明るく艶やかで伸びやかに歌う弦楽合奏の響き!
イタリア合奏団がDENONレーベルに残した唯一のヘンデル・アルバム

イタリア、コンタリーニ宮での優秀録音は、バロック音楽を聴く、つきることのない喜びを与えてくれます。
 『水上の音楽』や『王宮の花火の音楽』で有名なヘンデルは、合奏協奏曲の分野でも大きな功績を残した作曲家。ヘンデルの合奏協奏曲は30曲近くありますが、そのうちでもっとも多く演奏されるのが、この作品6として発表された12曲です。当時54歳のヘンデルは創作活動の転機(3年後にはハレルヤ・コーラスで有名な傑作『メサイア』を発表)にあり、一気に書き上げられた全12曲は、バラエティーと効果に富み、軽いものもあれば荘重なものもあり、ヘンデルの協奏曲のうちで最高の作品と言われるだけでなく、バロック時代の器楽曲のうちでも最良の作品のひとつに数えられます。(コロムビア・ミュージック)

ヘンデル:
・合奏協奏曲第1番ト長調 HWV.319
・合奏協奏曲第2番へ長調 HWV.320
・合奏協奏曲第3番ホ短調 HWV.321
・合奏協奏曲第4番イ短調 HWV.322
・合奏協奏曲第5番ニ長調 HWV.323
・合奏協奏曲第6番ト短調 HWV.324
・合奏協奏曲第7番変ロ長調 HWV.325
・合奏協奏曲第8番ハ短調 HWV.326
・合奏協奏曲第9番ヘ長調 HWV.327
・合奏協奏曲第10番ニ短調 HWV.328
・合奏協奏曲第11番イ長調 HWV.329
・合奏協奏曲第12番ロ短調 HWV.330
 イタリア合奏団
 録音:1989年 イタリア、コンタリーニ宮(デジタル)

内容詳細

この作品は、ヘンデルの合奏協奏曲の中でも傑作と言われているもの。重厚で華麗な作品から軽快なものまで、ヘンデルのさまざまな書法をイタリア合奏団が爽快に演奏しきっている。胸のすく一枚だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
バッハのブランデンブルグとともにバロック...

投稿日:2014/01/15 (水)

バッハのブランデンブルグとともにバロックの合奏協奏曲の2大名曲と思うが技術的には単純な曲想が多いのでアマのアンサンブルの格好の練習材料となっているようだ。そこでこれぞプロだという演奏を要求すれば、イタリアなら文句なしです。本来英独系の団体で優れたものと思うが(カラヤンは論外)現在ではないようだ。他にイ・ムジチ盤を所持してるので比べてみたい思いもあり購入。さて結果本家のヴィヴァルデイでは好きになれなかったイタリアですが、これはよい。ヘンデルはこうあるべきとすればいろいろ問題点あるかもですが私は五つ星献上。

tanobu さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
イタリア合奏団ですから、標準的に楽しめま...

投稿日:2009/10/15 (木)

イタリア合奏団ですから、標準的に楽しめます。

0
★
★
☆
☆
☆
合奏協奏曲Op6が好きなので、いろいろ買っ...

投稿日:2009/06/20 (土)

合奏協奏曲Op6が好きなので、いろいろ買ってしまうのですが、これはいけません。単にきれいに演奏しているだけで、この曲の情緒が感じられない。6番ミュゼットを聞いてもうやめた、ヘンデルはビバルディではありません。モダン楽器でヴィブラートかけまくってもいいが、もう少し何とかならんのか(発売時、レコ芸特選らしい・・・)

shiodome さん | 東京都 | 不明

4

ヘンデル(1685-1759)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品