DVD

オラトリオ『メサイア』全曲 ホグウッド&AAM

ヘンデル(1685-1759)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPBS90182
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
画面サイズ
:
通常
:
カラー
フォーマット
:
DVD

商品説明

ヘンデル:オラトリオ『メサイア』全曲
ホグウッド&AAM

ヘンデル学者でもあるホグウッドによる、壮麗なウェストミンスター大聖堂でのメサイアを収録した映像作品。オリジナル楽器を用いた小編成アンサンブルと小編成コーラスによる演奏で、楽譜には“捨子養育院版”が用いられています。
 合唱を除き、1979年に収録されたCDとほぼ同じキャストによるここでの演奏は、“捨子養育院版”の大きなポイントである“第6曲と第36曲をアルトからソプラノへ移行”について、エマ・カークビーのノン・ヴィブラートの美しい声で確認できる点が、CD同様、大きな魅力となっています。
 しかもこちらは大聖堂での収録だけに、豊かな残響が心地よいことこの上なし。「ハレルヤ・コーラス」や「アーメン・コーラス」の荘厳な美しさも比類の無いものといえるでしょう。

ヘンデル:オラトリオ『メサイア』全曲
ジュディス・ネルソン(ソプラノ)
エマ・カークビー(ソプラノ)
キャロライン・ワトキンソン(アルト)
ポール・エリオット(テノール)
デイヴィッド・トーマス(バス)
ウェストミンスター大聖堂聖歌隊
サイモン・プレストン(合唱指揮)
アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージック
クリストファー・ホグウッド(指揮)

1982年1月ウェストミンスター大聖堂(英国教会)にて収録。

画面:スタンダード(4:3)、カラー
収録時間:136分
字幕:日本語、他
音声:ドルビー・デジタル・ステレオ NTSC
Region 2

内容詳細

秀逸なピリオド・アプローチで知られるホグウッドが指揮した「メサイア」。救世主の誕生から受難、そして復活に至る物語を歌い上げる清澄な響きが大聖堂に満ちわたり、静かな感動を呼ぶ。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ポール・エリオットやエマ・カークビーの映...

投稿日:2010/01/25 (月)

ポール・エリオットやエマ・カークビーの映像を見たくて買いました.30年近く前の映像なので,ホグウッドを始めそれぞれが若いのに感心しました.歌手のアップが多く,映像的にはイマイチの感もあるが,ライヴ映像ではないので,聴衆もおらず全体映像ではあまり見所がないのでやむをえない面があるのかなと思います.ただ時々工夫を凝らしたウェストミンスター寺院のすばらしい映像もあるので,映像ソフトとしての価値はあるように思います.映像面ではかろうじて☆3つでしょうか.ただし演奏はすばらしい.管弦楽と女声陣のすばらしさは現在発売されているDVDソフトの中ではトップクラスでしょう.バス歌手は有名歌手ですが,技術的には以前から感心しない人です.ただこのときはまだ若いだけあって,この人の中ではいい方でしょう.映像的にはBrilliant Classicsから出ている廉価DVDが演奏も良くこれまで愛聴していましたが,演奏重視の場合には,このDVDを聴くだろうと思います.

bobprn さん | 不明 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
壮麗極まりないウエストミンスターでの収録...

投稿日:2009/11/03 (火)

壮麗極まりないウエストミンスターでの収録。少年聖歌隊の一生懸命な歌いぶりに好感が持てる。ただ、ソリストは女声はいいのだが、男声がどうも今一つだ。テノールはなんだか頼りないし、バスは歌い方が雑だ。オーケストラは、楽器が新しいせいか(録音にもよるのかもしれないが)響きに艶と伸びを欠く。画質はアップの時にはいいのだが、中・遠景では焦点がぼやける。

烏 さん | 広島県 | 不明

0

ヘンデル(1685-1759)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品