DVD 輸入盤

『サウル』全曲 コスキー演出、アイヴァー・ボルトン&インライトゥメント管弦楽団、パーヴス、クロウ、他(2015 ステレオ)

ヘンデル(1685-1759)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OA1216D
組み枚数
:
1
レーベル
:
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
DVD
その他
:
輸入盤

商品説明

ヘンデル:『サウル』全曲
アイヴァー・ボルトン&インライトゥメント管弦楽団
グラインドボーン音楽祭2015


神に遣わされたイスラエルの初代王サウル。しかし彼はその堂々たる外見とは違い、実は恐怖心と嫉妬心に支配されていました。それは彼の元に現れた青年ダヴィデの存在です。単なる平民出身のダヴィデを息子のように信頼し、自身の娘マイカルと結婚させたのですが、その強さと人気をやっかんだサウルは、終にはダヴィデの殺害を目論んでしまうこととなるのです。幸いダヴィデはその企てから逃れますが、サウルは自分自身の迷いを解くため神と巫女に救いを求めるのです。しかしそこで告げられたのは「神はすでにサウルを見放した」という言葉でした。
 演出家バリー・コスキーのグラインドボーン・デビュー作であるこの『サウル』はエネルギッシュな合唱と、簡素な装置、ロココ調の衣装でこの旧約聖書の中の「狂気と絶望の物語」を視覚化することに成功しています。歌手たちの熱唱もさることながら、終幕での神を賛美するためのバロック・ダンスやボルトン指揮のエイジ・オブ・インライトゥメント管弦楽団の鋭い響きも聴き所です。もともとはオラトリオとして書かれたこの作品を成功させるためにはレベルの高い合唱が求められますが、それに応えて、グラインドボーン合唱団が文句なしのアンサンブルを披露しています。(輸入元情報)

【収録情報】
● ヘンデル:歌劇『サウル』全曲


 サウル…クリストファー・パーヴス(バリトン)
 ダヴィデ…イェスティン・デイヴィス(カウンターテナー)
 メラブ…ルーシー・クロウ(ソプラノ)
 マイカル…ソフィー・ビーヴァン(ソプラノ)
 ジョナサン…ポール・アップルビー(テノール)
 高僧…ベンジャミン・ヒューレット(テノール)
 エンドールの魔女…ジョン・グラハム=ホール(バス)
 グラインドボーン合唱団
 ジェレミー・バインズ(合唱指揮)
 エイジ・オブ・インライトゥメント管弦楽団
 アイヴァー・ボルトン(指揮)

 演出:バリー・コスキー
 美術:カトリン・リア・タグ
 振付:オットー・ピヒラー
 照明:ヨアヒム・クライン

 収録時期:2015年10月
 収録場所:イギリス、グラインドボーン歌劇場(ライヴ)
 映像監督:ジョナサン・ハスウェル

● 特典映像:キャスト・ギャラリー/ドキュメンタリー「狂気への転落」

 収録時間:本編185分、特典10分
 画面:カラー、16:9
 音声:PCMステレオ、DTS 5.0
 字幕:英、仏、独、韓
 NTSC
 Region All

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ヘンデル(1685-1759)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品