CD 輸入盤

『アリオダンテ』全曲 アラン・カーティス&イル・コンプレッソ・バロッコ、ジョイス・ディドナート、カリーナ・ゴーヴァン、他(2010 ステレオ)(3CD)

ヘンデル(1685-1759)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9029511826
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

Warner Classics Home of Opera
アラン・カーティス/ヘンデル:『アリオダンテ』


アラン・カーティスが情熱を注ぎ続けたヘンデルのオペラの復興。この『アリオダンテ』では、主役に世界的なメゾの歌姫ジョイス・ディドナートを迎えて収録。
 この全曲録音で、卓越したヘンデル指揮者/研究者のアラン・カーティスは、今や輝きを放つメゾ・ソプラノ、ジョイス・ディドナート他の実力者を結集しています。数多くのヘンデルのオペラの復興を行った高い評価の演奏のひとつです。ディドナート、当時はカストラートが歌った作品も数多く歌い、その表現は圧倒的。この役は当時のスター・カストラート、カレスティーニを想定して作曲され、タイトル・ロールである若き王子役のアリオダンテを歌っていますが、ヘンデル作品のなかでも最も有名な2曲のアリア「次の夜」「不実な女よ、戯れるがよい」が歌われます。ディドナートは2007年、ジェノヴァで『アリオダンテ』役を歌って絶賛されています。相手役の不幸なジネヴラ王女役にはカナダのソプラノ、ゴーヴァン、さらにカナダ出身のルミュー、スペイン出身のプエルトラス、フィンランド出身のレーティプーが共演した、絶品のアルバムです。
 この「Home of Opera」シリーズは、多くの方に低価格で音楽を聴いていただきたく、歌詞・対訳は付いておりません。(輸入元情報)

【収録情報】
● ヘンデル:歌劇『アリオダンテ』全曲


 ジョイス・ディドナート(メゾ・ソプラノ:アリオダンテ)
 カリーナ・ゴーヴァン(ソプラノ:ジネヴラ)
 マリー=ニコル・ルミュー(コントラルト:ポリネッソ)
 サビーナ・プエルトラス(ソプラノ:ダリンダ)
 トピ・レーティプー(テノール:ルルカニオ)
 マシュー・ブロック(バス:スコットランド王)
 イル・コンプレッソ・バロッコ
 アラン・カーティス(指揮)

 録音時期:2010年1月3-11日
 録音場所:イタリア、ロニーゴ、ヴィラ・サン・フェルマ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ヘンデル(1685-1759)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品