Blu-ray Disc 輸入盤

『アドメート』全曲 デーリエ演出、マッギガン&ゲッティンゲン祝祭管、ミード、アーネット、他(2009 ステレオ)

ヘンデル(1685-1759)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
702104
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
Blu-ray Disc
その他
:
輸入盤

商品説明

ゲッティンゲン・ヘンデル音楽祭のライヴ!
ヘンデルの『アドメート』
ギリシャ神話の世界が和テイストに!

ブルーレイディスク

『アドメート』は1727年にヘンデルがロンドンで発表したオペラ。基本はギリシャ神話で貞淑な妻として有名なアルケースティスの物語。瀕死のアドメート王の命を救おうと、王妃アルチェステが身代わりに冥界に降りるが、英雄エルコレ(=ヘラクレス)によって地上に連れ戻される。しかし今度はアドメートの前の婚約者アンティゴナが現れ、関係がこじれる、というもの。
 このギリシャ神話の世界を、ドイツの映画監督ドリス・デーリエは「和テイスト」で彩っています。アドメートはお侍さん風、アルチェステは始め花魁風、エルコレは無双の力士(ちゃんと四股も踏みます)。またどう見ても「リング」の貞子のような黙役も重要な役回り。デーリエは小津安二郎の大ファンで、「東京物語」のリメイク「HANAMI」という映画を作っているほど日本好きなのです。そこでドイツで活躍する舞踏家、遠藤公義とマム・ダンス・シアターの舞踏を活用し、日本の要素を多く取り入れた幻想的な舞台を作り上げたわけです。あくまで幻想的な舞台作りが基本で、日本人からすればツッコミどころたくさんなものの、しかし『アドメート』の物語を舞台化する上ではたいへん成功しており、美しい舞台は絶賛されました。
 歌手は、日本で『リナルド』のタイトルロールを歌って絶賛されたティム・ミードのアドメート、スウェーデン出身で、兵庫で佐渡裕プロデュースの『魔笛』でパミーナを歌った今人気急上昇のソプラノ、マリー・アーネットのアルチェステ、英国のバリトンで幅広いレパートリーで活躍するウィリアム・バーガーのエルコレ、米国のソプラノでバロック音楽で高い評価を得ているカースティン・ブレーズなど、若い実力派が多数。そしてヘンデルのスペシャリストとして1991年以来ゲッティンゲンのヘンデル音楽祭の音楽監督を務めるニコラス・マッギガンの筋金入りの音楽が上演全体をビシッと引き締めています。
 HD収録の映像の美しさも特筆。Blu-Rayは1枚に収録しています。(キングインターナショナル)

【収録情報】
・ヘンデル:歌劇『アドメート』全曲
 ティム・ミード(CT アドメート)
 マリー・アーネット(S アルチェステ)
 ウィリアム・バーガー(Br エルコレ)
 アンドルー・ラドリー(CT オリンド)
 ダヴィド・ベイツ(CT トラジメーデ)
 カースティン・ブレーズ(S アンティゴナ)
 ヴォルフ・マティアス・フリードリヒ(Br メラスペ)
 ゲッティンゲン祝祭管弦楽団
 ニコラス・マッギガン(指揮)
 演出:ドリス・デーリエ
 装置、衣装:ベルント・レペル
 マム・ダンス・シアター
 振付:遠藤公義

 収録時期:2009年5月
 収録場所:ゲッティンゲン、ドイツ劇場(ライヴ)

・ボーナス映像:Baroque and Butoh

 収録時間:本編181分、ボーナス21分
 画面:カラー、16:9、1080i High Definition
 音声:PCM Stereo、DTS-HD Master Audio 5.1
 字幕:英独仏伊(ボーナス映像は英のみ)
 Region All

※ブルーレイディスク対応プレイヤーでのみ再生できます。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ヘンデル(1685-1759)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品