不安げな子・寂しげな子・落着きのない子のために シュタイナーの感覚論にもとづく発達心理学の観点から

ヘニング・ケーラー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784756501585
ISBN 10 : 4756501583
フォーマット
出版社
発行年月
2023年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
248p;21

内容詳細

目次 : 1 教育実践に関する基本的な事柄(夜が助けてくれる/ 天使が応えてくれる? ほか)/ 2 生命感覚を探る(この章のはじめに/ 基本的な心地よさについて ほか)/ 3 触覚を探る(感覚器官としての皮膚/ 触覚による知覚はどのような性質を持っているか ほか)/ 4 運動感覚、平衡感覚を探る(この章のはじめに/ 自分自身の自由な魂を感じること ほか)

【著者紹介】
ヘニング・ケーラー : 1951〜2021。子どものセラピスト、教育カウンセラー。教職に就いた後、家庭教育、少人数クラス担任、臨床治療教諭、独立青少年指導に携わる。治療的教師として活動する傍ら、ドイツ国内外で幅広く講演活動を行う。フルベルトゥス社会教育学アカデミーとヤヌシュ・コルチャック研究所の共同設立者でもある

石井秀治 : 1946年生まれ。東京藝術大学美術学部彫刻科中退。ドイツ、ヴィッテンのヴァルドルフ教員養成コースにて学ぶ。耕文舎主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヘニング・ケーラー

1951〜2021。子どものセラピスト、教育カウンセラー。教職に就いた後、家庭教育、少人数クラス担任、臨床治療教諭、独立青少年指導に携わる。治療的教師として活動する傍ら、ドイツ国内外で幅広く講演活動を行う。フルベルトゥス社会教育学アカデミーとヤヌシュ・コルチャック研究所の共同設立者でもある

プロフィール詳細へ

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品