ミイラはなぜ魅力的か 最前線の研究者たちが明かす人間の本質

ヘザー・プリングル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784152084194
ISBN 10 : 4152084197
フォーマット
出版社
発行年月
2002年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
344p;20

内容詳細

「ミイラ会議」に集う情熱的で個性的な研究者たちが、数千年の時を超えるミステリを解き明かす。古代人の静かな言葉に耳を傾ける学者たちのミイラ研究の仕事場から、人間の生と死の真実を覗く洞察の書。

【著者紹介】
ヘザー・プリングル : 1952年カナダのエドモントン生まれ。大学で歴史とヴィクトリア朝文学を学んだ後、アルバータ州立博物館の調査アシスタントとして、地元の歴史を研究する。1980年にブリティッシュ・コロンビア州に移り、雑誌ジャーナリズムに着手。カナダ先住民の祭事からモンゴルでの恐竜発掘まで多種多様なトピックを追い、Gスーツと酸素マスクをつけてF‐18戦闘機に同乗する取材もしたことがある。現在は、サイエンス・ライターとして歴史、考古学、人類学の分野で活躍し、サイエンス誌、ディスカヴァー誌、ニュー・サイエンティスト誌などに寄稿し、数多くの賞を受賞している

鈴木主税 : 1934年生まれ。翻訳グループ牧人舎代表。W・マンチェスター著『栄光と夢』で翻訳出版文化賞を受賞

東郷えりか : 上智大学外国語学部フランス語科卒。旅行会社勤務ののち、翻訳グループ牧人舎に参加(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • すけきよ さん

    学者ではなく、歴史ライターが書いているのでかなり読みやすい。が、その反面、ちょっと深みが足りないかな。けれども、ミイラの概説本としてはかなりいいと思う。様々な国のミイラを知ることが出来るし、それぞれに関係するエピソードも楽しく読める。また、もう一人の主人公たるミイラ研究者たちの個性豊かな面持ちも面白い。海外のこの手の本にしては珍しく、日本の即身仏にも触れられているのも好感が持てる(笑)大好きな干し首には言及されてないのがちと残念。

  • ディプロドクス さん

    ナショナルジオグラフィックとインカの少女ミイラの内実、あのナショジオも苦しいのかと思うと… レーニンからはじまって共産圏の指導者の遺体保存の話はおもしろかった。保存のためにホー・チミンの遺体を密かに移動する北ベトナムと、士気を下げるために遺体を奪いたいアメリカの攻防があったなんて!

  • 釈聴音 さん

    いわゆるミイラ、つまり「乾燥死体」をめぐる倫理的問題にもう少し突っ込んだ考察が欲しかったところ。個々の事例にもさらに詳しい言及が欲しいところだったが、全般的に大雑把になってしまった点が惜しまれる。

  • よしのん さん

    ナショナルジオグラフィックの騒動が書かれているので「インカに眠る氷の少女」や「5000年前の男」とセットで読むと面白い

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヘザー・プリングル

1952年カナダのエドモントン生まれ。大学で歴史とヴィクトリア朝文学を学んだ後、アルバータ州立博物館の調査アシスタントとして、地元の歴史を研究する。1980年にブリティッシュ・コロンビア州に移り、雑誌ジャーナリズムに着手。カナダ先住民の祭事からモンゴルでの恐竜発掘まで多種多様なトピックを追い、Gスー

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品