CD

3つのノヴェレッテ、15の即興曲、ナポリ 戸室 玄

プーランク(1899-1963)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
NYCC13010
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

戸室 玄 × フランシス・プーランク

1989年生まれの戸室 玄。幼少期より海外で生活した体験を反映させた洒脱な演奏を聴かせるピアニストです。このアルバムは彼が最も愛するというプーランクの作品集。『3つのノヴェレッテ』で始まり、アルバムの中心に置かれているのは1932年に作曲された『15の即興曲』。練習曲風でもありながら、プーランクの心情が丁寧に描かれたユニークな曲集になっています。なかでも彼が心酔した歌姫のために書かれた第15番の『エディット・ピアフを讃えて』 はプーランクの洒脱さをよく示す作品と言えるでしょう。作曲年代の幅広い3曲で構成された『ナポリ』も美しい曲。イタリアとフランスの良いところが融合した興味深い作品です。

【戸室 玄より】
「2019年はフランシス・プーランクの生誕120周年に当たり、今まで私が勉強をしてきたフランス音楽の中で最も好きなプーランクの作品のCDを作りたいと思いました。これはデビューCDであり、プーランクの数多いピアノ曲の中から一番思い出のある曲を選びました。
 10年以上パリで生活し、フランシス・プーランクとも交流のあったピアニストのフィリップ・アントルモンに音楽を学び、当時の華やかなフランス文化の真髄に触れる事ができ、それを私も受け継いできました。他にもプーランクと交流のあった方々に接し、身近にプーランクの音楽と魂を感じる生活を送ってきました。
 彼の素晴らしい音楽をたくさんの方に聴いて頂ける様にこれからも演奏を続けて、録音も手がけたいと思います。」(販売元情報)(写真 販売元提供)

【収録情報】
プーランク:

● 3つのノヴェレッテ
 第1番ハ長調
 第2番変ロ短調
 第3番ホ短調(マヌエル・デ・ファリャの主題による)

● 15の即興曲
 第1番ロ短調
 第2番変イ長調
 第3番ロ短調
 第4番変イ長調
 第5番イ短調
 第6番変ロ長調
 第7番ハ長調
 第8番イ短調
 第9番ニ長調
 第10番へ長調『音階賛美』
 第11番ト短調
 第12番変ホ長調
 第13番イ短調『シューベルトを讃えて』
 第14番変ニ長調
 第15番ハ短調『エディット・ピアフを讃えて』

● ナポリ
 舟歌
 夜想曲
 イタリア奇想曲

 戸室 玄(ピアノ)

 録音時期:2018年8月21,22日、11月22日
 録音場所ロンドン、シティー・オブ・ウェストミンスター、セント・マークス 教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)


【戸室 玄 Gen Tomuro】
東京に生まれ、6歳からサンフランシスコ、ボストン、パリで育つ。2007年ウォールナットヒル芸術高校卒業、ニューイングランド音楽院プレパラトリーディヴィジョン最優秀賞を得て終了。フォンテンヌブロー城の音楽祭でフィリップ・アントルモン氏に見いだされパリに渡仏。2008年サル・ガヴォーにてコンチェルトデビュー。その後ベルギー国立管弦楽団、サントドミンゴ管弦楽団、パームビーチシンフォニー、テアトロジーリオ管弦楽団、パリ国際大学都市管弦楽団及びパリ管弦楽団などと共演。2012年シャネルピグマリオンデイズ参加アーティスト。2013年にジェラール・プーレ、菅野博文両氏とピアノトリオを組み数々の演奏会を行う。2014年に英国王立音楽アカデミー修士課程学。2017年はフランス、イタリア、イギリス、日本で演奏活動を行い、2018年に英国ロイヤルアカデミーにて修士課程を最優秀の成績で卒業。パリではフィリップ・アントルモン氏に師事。(販売元情報)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

プーランク(1899-1963)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品