プロコフィエフ(1891-1953)

人物・団体ページへ

SHM-CD

プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番、ラヴェル:ピアノ協奏曲 マルタ・アルゲリッチ、アバド&ベルリン・フィル

プロコフィエフ(1891-1953)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG51068
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

ラヴェル:ピアノ協奏曲、プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番
マルタ・アルゲリッチ、アバド&ベルリン・フィル


鋭い閃きと逞しい力感が前面に押し出された躍動感溢れるスリリングな演奏はアルゲリッチの魅力全開! そして、アバド&ベルリン・フィルの「ぴたっ」とあわせる素晴らしいサポート! 今聴いても全く新鮮さを失わない1967年録音の名盤です。(メーカー資料より)

【収録情報】
● プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番ハ長調 op.26
● ラヴェル:ピアノ協奏曲ト長調

 マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音時期:1967年5月、6月
 録音場所:ベルリン、イエス・キリスト教会
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
 DSDマスターを元にしたHRカッティング

 ドイツ・グラモフォン ベスト100 premium
 HR(High Resolution)カッティング〜ハイビット・ハイサンプリングでダイレクトにカッティング
 株式会社JVCケンウッド・クリエイティブメディアが開発。(メーカー資料より)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
音質は良く、オーケストラの細かい所もよく...

投稿日:2015/09/23 (水)

音質は良く、オーケストラの細かい所もよく聴こえるのだがピアノとオーケストラのバランスなのか迫力に欠ける感じがする。 アルゲリッチのピアノ、アバド指揮のベルリン・フィルで名演にならないわけないのだが何かが物足りない。 もしかしたら完璧すぎるのだろうか?

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
私は初回LP盤で「1968年度ACCディスク大賞...

投稿日:2011/12/23 (金)

私は初回LP盤で「1968年度ACCディスク大賞受賞」の帯がついていた盤でこのカップリング協奏曲を聴きました。1967年アルゲリッチ26歳、アバド34歳・・・若かったですね!・・・の時の名演奏録音で新仕様が期待されます。既に載っている各レビューに屋上屋を重ねる様ですが私も以前の本演奏を軸にメモさせていただきます。オーケストラはBPOで当時私にはこれらの曲のバックとしては物珍しかったものの流石BPO!適度な緊張感と躍動感溢れる演奏と申せましょう。さてこのラヴェルピアノコンチェルト(タイム@8’00A8’57B3’49 )なかなかのもの、私にとって当時クラシック通になる一つのメルクマールのようでアルゲリッチは煌びやかなそれでいて繊細なラヴェル音色を抜群のテクニックで表出しています。フランス風のエスプリ漂う瀟洒な味わいにおいて少しガーシュインに似た楽章もあれば第2楽章の管楽器とのデュエット様なピアノの静かな流れ、「ゴジラの逆襲」のテーマ似が瞬間過ぎる終楽章・・演奏者も前述を繰り返しますが覇気溢れ若かった・・・最高!ですね。この曲、アルゲリッチには既にまだティーンエイジ時代1959年あの後年結婚相手となるデュトワの指揮ローザンヌCOバックでのライブ演奏盤(勿論モノラル、タイム不詳)もある様ですね。一方同じアバドでオーケストラをLSOに変えて1975年再録(トータルタイム22’03)、1984年再々録(同@8’38A9’31B3’51)したり珍しいベルティーニ/ケルン放送SOとの1985年ライブ盤(タイム不詳)、更に1997年デュトワ/モントリオールSOのバックでも録音(同@8’18A8’59B3’58 )し彼女のこの曲へのご執心が分かります。本盤プロコフィエフの方(同@8’53A8’57B8’57)もクラシック通になる一つのメルクマールのようでアルゲリッチは抜群のテクニックでこの曲独特のアイロニー混じりのリズム感を巧みに表出しています。アバドのサポートもBPOはやヽ重いもののバッチリ!作曲年代1910年台後半からして日本に立寄った影響か和音階も聞き分けられます。プロコフィエフの協奏曲もアルゲリッチは1997年デュトワ/モントリオールSOのバックで再録(同@9’44A9’40B9’46)しております。(タイムについては盤により多少異なる場合があります。)

1
★
★
★
★
★
“ゾクゾク”“鳥肌”の連続…! 今まで聴...

投稿日:2011/10/28 (金)

“ゾクゾク”“鳥肌”の連続…! 今まで聴き親しんできたアルバムだが,このSACD化で,“ゾクゾク”“鳥肌”の頻度・レベル共に格段にアップ。なんて若々しく,清々しく,荒々しいタッチなんだろう…。可憐さと荒々しさをこれほどのレベルで両立しうるピアニストは彼女しかいない…。

masato さん | 新潟県 | 不明

1

プロコフィエフ(1891-1953)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品