プロコフィエフ(1891-1953)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番(1959年ステレオ)、第2番(1955年) ドゥヴィ・エルリー、メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲(1956年) ジャン・フルニエ

プロコフィエフ(1891-1953)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CDSMBA064
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

フランスの名ヴァイオリニスト、ドゥヴィ・エルリー
初CD化のプロコフィエフのヴァイオリン協奏曲集!
また、ジャン・フルニエのメンコンも収録!


丁寧な復刻で評価を高めているスペクトラム・サウンド。当アルバムはフランス国立視聴覚研究所(INA)の貴重音源からの復刻で全て初CD化となります!
 収録曲はドゥヴィ・エルリーのプロコフィエフの2つのヴァイオリン協奏曲と、ジャン・フルニエのメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲です。
 フランスの名ヴァイオリニスト、ドゥヴィ・エルリー。1955 年にロン=ティボー・コンクールで優勝、同年初来日を果たし、その後1980年代以降に来日したことでも知られます。優雅な音色で奏でるプロコフィエフの協奏曲は輝きに満ちた名演。歌心にあふれるエルリーならではの演奏です。カップリングは名チェリスト、ピエール・フルニエの弟のジャン・フルニエが演奏したメンデルスゾーンです。ジャック・ディボーらの薫陶を受けたJ.フルニエの演奏はエスプリ漂う美演。オーケストラとの対話も見事です。
 日本語帯・解説はつきません。(輸入元情報)

【収録情報】
● プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調 Op.19


 ドゥヴィ・エルリー(ヴァイオリン)
 フランス国立放送管弦楽団
 ピエール・デルヴォー(指揮)

 録音時期:1959年6月9日
 録音場所:パリ、シャンゼリゼ劇場
 録音方式:ステレオ(ライヴ)
 音源:INA archives

● プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第2番ト短調 Op.63

 ドゥヴィ・エルリー(ヴァイオリン)
 フランス国立放送管弦楽団
 ジャン・マルティノン(指揮)

 録音時期:1955年5月27日
 録音場所:パリ、シャンゼリゼ劇場
 録音方式:モノラル(ライヴ)
 音源:INA archives

● メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調 Op.64

 ジャン・フルニエ(ヴァイオリン)
 フランス国立放送管弦楽団
 マルセル・ミルーズ(指揮)

 録音時期:1956年7月16日
 録音場所:パリ、シャンゼリゼ劇場
 録音方式:モノラル(ライヴ)
 音源:INA archives

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

プロコフィエフ(1891-1953)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品