プレトリウス、ミヒャエル(1571-1621)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

テルプシコーレ舞曲集 ピケット&ニュー・ロンドン・コンソート

プレトリウス、ミヒャエル(1571-1621)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4759101
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

プレトリウス:テルプシコーレ舞曲集

17世紀の最も重要な作曲家プレトリウス。ドイツ初期バロック音楽界の最大の理論家兼作曲家であり、世界初の音楽辞典とも言われる『音楽大全』を著わしたことでも名高い人物です 。その生涯に、モテットやコラール・コンチェルト、100曲以上のプロテスタントの賛美歌など、主に教会音楽を作曲しました。と同時に器楽の発展にも寄与。この『テルプシコーレ』はそれを代表するものであり、当時流行していた各国由来の舞曲を4〜6声の器楽合奏に編曲した曲集です。出版は1612年。タイトルとなっている『テルプシコーレ』は、ギリシャ神話の9人のムーサの内、合唱と舞踊を司る者のこと。
 ピケットと彼が創立したニュー・ロンドン・コンソートのメンバーは、この録音に当たり、『音楽大全』を参照したピリオド楽器−−−リュート、テオルボ、サックバット、ショーム、クルタル、ダルシマーなど−−−を使用しています。(ユニバーサルIMS)

・プレトリウス:テルプシコーレ(1612年刊)〜舞曲集
 ニュー・ロンドン・コンソート
 フィリップ・ピケット(指揮)
 録音:1980年代

収録曲   

  • 01. Praetorius: Dances from Terpsichore

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ミヒャエル・プレトリウス(1571〜1621)は...

投稿日:2014/08/01 (金)

ミヒャエル・プレトリウス(1571〜1621)は音楽史的には世界初の音楽百科事典『音楽大全(シンタグマ・ムジクム)』の著者として重要な存在だが、作曲家としてはこの『テルプシコーレ舞曲集』によって知られている。フランス人の舞踏教師たちが踊った、コンサート用でない「本物」の 舞曲を収集し、演奏用に編曲したものをまとめたもの。このピケット盤はその抜粋であるが、聴いていて非常に楽しい!当時使用されていた楽器を用いて、躍動感に満ちた演奏を繰り広げている。聴いていると思わず踊りだしたくなってしまう(笑)。僕はどちらかというと古楽器・古楽奏法による演奏はあまり好んでは聴かないのだけれど、この『テルプシコーレ舞曲集』はとても面白く聴けた。 1985年5月、ロンドン、ヘンリー・ウッド・ホールでの収録。音質良好。

金山寺味噌 さん | 愛知県 | 不明

1

プレトリウス、ミヒャエル(1571-1621)に関連するトピックス

  • プレトリウス:合唱作品集 敬虔で親しみやすい美しさが印象深いプロテスタントの合唱曲をドイツの合唱団の演奏で。 HMV&BOOKS online|2012年11月14日 (水) 00:40
    プレトリウス:合唱作品集

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品