CD

歌劇『西部の娘』全曲 テバルディ、デル・モナコ、マックニール、他/カプアーナ&聖チェチーリアo

プッチーニ (1858-1924)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCD3344
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

・プッチーニ:歌劇《西部の娘》全曲

ミニー:レナータ・テバルディ(S)
ディック・ジョンソン:マリオ・デル・モナコ(T)
ジャック・ランス:コーネル・マックニール(Br)
ジェーク・ウォーレス:ジョルジョ・トッツィ(B)
ニック:ピエロ・デ・パルマ(T)
アシュビー:シルヴィオ・マイオニカ(B)
ソノーラ:ジョルジョ・ジョルジェッティ(B)
トリン:エンツォ・グワーニ(T)、他

サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団&合唱団
指揮:フランコ・カプアーナ

録音:1958年7月、8月 ローマ、聖チェチーリア音楽院

舞台はゴールド・ラッシュ時代のアメリカ西部の鉱山の街。酒場の女主人ミニーと盗賊の首領ジョンソンとの純愛物語で、アメリカ民謡やインディアンのメロディが使われています。黄金のトランペット<fル・モナコが熱唱する〈やがて来る自由の日〉、気高くも美しいテバルディが歌う〈ソレダードにいた時〉は感動もの。イタリア・オペラの名コンビの、テバルディ/モナコのによる並ぶもののない名演です。

内容詳細

アメリカ開拓時代を舞台に、アメリカ民謡や先住民の音楽なども取り込んだ純愛物語。テバルディ、デル・モナコを中心に、個性派歌手陣を配した、名盤の少ないこの作品を代表する録音として有名。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

ディスク   2

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
この録音で歌劇『西部の娘』を好きになった...

投稿日:2020/06/06 (土)

この録音で歌劇『西部の娘』を好きになったので個人的にとても思い入れがある。 数多くあるテバルディとデル・モナコの録音の中で特に優れたものではないだろうか。 自分の中でテバルディと言えばこの録音。 テバルディはアイーダやデズデーモナなどよりもこのミニーのような、強い声の役が似合っているように思う。 録音を残していないが、トゥーランドットを歌ったら意外と合っていたかもしれない。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

0

プッチーニ (1858-1924)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品