DVD 輸入盤

歌劇「トスカ」(2004年1月、スペイン、マドリッド、王立劇場) デッシー/アルミリアート/ベニーニ/王立劇場管弦楽団・合唱団/他

プッチーニ (1858-1924)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OA0901D
組み枚数
:
2
レーベル
:
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
DVD
追加情報
:
インタビュー: ダニエラ・デッシー&ファビオ・アルミリアート
インタビュー: ルッジェーロ・ライモンディ
インタビュー: マウリツィオ・ベニーニ
演出家ヌリア・エスペルと王立劇場の芸術監督エミリオ・サヒの対話
キャスト・ギャラリー

商品説明

最新映像! 来日記念DVD 
デッシー&アルミリアート夫妻/レアル劇場の「トスカ」

スペインを代表するマドリッドの王立劇場(テアトロ・レアル)で2004年1月に収録された映像です。女優でもあり、最近舞台演出の分野でも評価を高めているヌリア・エスペルが初めてレアル劇場の演出を担当したことでも話題になった上演です。舞台装置は必要最小限で、照明は控えめ、現代演劇のようなモノトーンの世界で、登場人物の表情に集中できる、落ち着いた演出となっています。
 主役二人は、最近世界中のオペラハウスでコンビを組み、息の合った名唱を聴かせるダニエラ・デッシーとファビオ・アルミリアートのスター夫婦です。すでに、イタリア人ソプラノ歌手を代表する存在となった感のあるダニエラ・デッシーと、力強く張りのある声と颯爽とした舞台姿で観衆を魅了するアルミリアートが、舞台における理想的なトスカとカヴァラドッシとして、抜群の歌唱と演技を披露します。
 悪役スカルピアは、老練なライモンディが扮し、当たり役を凄みのある演技と恐怖を与えるような声で演じ、ベテラン健在をアピールしています。
 デッシーとアルミリアート夫妻は、今年9月に東京で上演される「蝶々夫人」(読売新聞社主催の初演百周年記念特別公演)でも歌うことになっています。日本のオペラ・ファンにも、旬のオペラ歌手二人が放つ圧倒的な存在感で、強烈な印象を残すことになるでしょう。NHKホールで観劇予定の方にも、残念ながら観に行けない方にもお薦めのDVDです。日本語解説書付き。


■プッチーニ:歌劇『トスカ』全曲
トスカ:ダニエラ・デッシー
カヴァラドッシ:ファビオ・アルミリアート
スカルピア:ルッジェーロ・ライモンディ
マルコ・スポッティ
ミゲル・ソーラ
エミリオ・サンチェス
ホセプ・ミケル・リボー
王立劇場合唱団
合唱指揮: マーティン・メリー
マドリッド自治州少年合唱団
合唱指揮: ホセ・デ・フェリペ
王立劇場管弦楽団
指揮:マウリツィオ・ベニーニ

演出:ヌリア・エスペル

収録:2004年1月19日・22日、スペイン、マドリッド、王立劇場

字幕:英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語
画面:16:9 Anamorphic
音声:LPCMステレオ/DTS5.1chサラウンド
記録方式:片面二層ディスク
総収録時間:194分

■エクストラ・フィーチャー
●インタビュー: ダニエラ・デッシー&ファビオ・アルミリアート
●インタビュー: ルッジェーロ・ライモンディ
●インタビュー: マウリツィオ・ベニーニ
●ヌリア・エスペルと王立劇場の芸術監督エミリオ・サヒの対話
●キャスト・ギャラリー

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
歌手の素晴らしさもさることながら、指揮の...

投稿日:2014/01/15 (水)

歌手の素晴らしさもさることながら、指揮のマウリツィオ・ベニーニという人の力量には感心しました。はじめて聴く指揮者ですが、オーケストラを操る技量はひときわ高度なものがあります。そしてなおかつ心に染み入る生き生きとした表現力、まことに得がたいオペラ指揮者と申せましょう。ポルタメントを用いた表現や楽器のバランス、力強くオーケストラを鳴らす迫力、切れ味鋭い表現力には感動しました。おそらく、コンサート指揮者としても立派な仕事をされるだろうと推察し、是非いちどオペラ、コンサート両方で聴いてみたいと思っております。

youone さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
☆
デッシーの調子は最近いまひとつ。しかし、...

投稿日:2008/07/26 (土)

デッシーの調子は最近いまひとつ。しかし、アルミリアートのカヴァロドッシは年々すばらしくなっています。日本の雑誌などでは酷評されることもありますが、このDVDはアルミリアートの再評価にはうってつけではないでしょうか。日本メディアの評価を無視しましょう。遅咲きのすばらしい、今こそ聴く(観る)べきテノールです。2007年のフィンランド・サヴォンリンナでのガラ・コンサートでは、カヴァラドッシのアリアを歌い、熱狂的な大成功をおさめています。

わぐねりあ さん | 大阪 | 不明

3
★
☆
☆
☆
☆
デッシー、おまけの夫、アルミリアート、こ...

投稿日:2007/03/22 (木)

デッシー、おまけの夫、アルミリアート、この二人にこの役は無理です。

まだむ トスカ さん | 東京 | 不明

0

プッチーニ (1858-1924)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品