ブーレーズ、ピエール(1925-2016)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

レポン、二重の影の対話 ブーレーズ&アンサンブル・アンテルコンタンポラン

ブーレーズ、ピエール(1925-2016)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4576052
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

【収録情報】
ブーレーズ:
・レポン(1981-84)
・二重の影の対話(1985)
 アンサンブル・アンテルコンタンポラン
 ディミトリ・ヴァッシラキス(ピアノ)
 フローラン・ボファール(ピアノ)
 フレデリック・カンブルラン(hp)
 ヴァンサン・ボーエ(vib)
 ダニエル・チャンポーニ(シロフォン、グロッケンシュピール)
 ミシェル・セルッティ(ツィンバロン)
 IRCAM(電子音響技術)
 アンドルー・ジェルゾー(エレクトロ=アコースティック・リアリゼーション)
 アダン・ダミアン(cl:二重の影の対話)
 ピエール・ブーレーズ(指揮)
 録音時期:1996年9月
 録音場所:シテ・ド・ラ・ムジク
 録音方式:デジタル(セッション)

収録曲   

  • 01. Rhythmique
  • 02. Dialogue de l'Ombre Double
  • 03. Tres Modere
  • 04. Tres Vif. Strident
  • 05. Modere - Fantasque

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
現代音楽のなかで屈指の美しさを持つ名曲だ...

投稿日:2020/01/13 (月)

現代音楽のなかで屈指の美しさを持つ名曲だと思います。ピアノ・チェレスタ・ツィンバロン・ハープなど、水が滴るような響きに魅せられます。

テリーヌ さん | Hyogo | 不明

0
★
★
★
★
★
ぼくはあまり現代音楽には詳しくないが、こ...

投稿日:2010/01/27 (水)

ぼくはあまり現代音楽には詳しくないが、この曲は素晴らしいといえよう。呼応(反復語法ではない)を全面に押し出した作風(スピーカーを揃えないとわかりにくい)だが、メシアンに影響された洗練された和声が随所に顔を出しており、エスプリさえ感じさせるのだ。2重の影の対話はさらに呼応が強くなる。それにしてもブーレーズの木管の使い方は、レポンも含めて唸らされる。革新性は当然だが、保守的配慮も見られる当ディスクは誰の耳にも馴染みやすく、是非手元に置きたい一枚といえよう。

宇野珍会長 さん | 埼玉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
ブーレーズ’80年代の重要作にして傑作《レ...

投稿日:2007/04/21 (土)

ブーレーズ’80年代の重要作にして傑作《レポン》の現在唯一の全曲録音。技法的には和音セリーの技法の展開であり、’50年代来問題となってきたセリー音楽の和声的統辞法の不在を解消するものであるというが(ナティエ)、スコアどころか分析も手に入らない現在、これを聴いて感覚的に納得しておくしかない。演奏自体はちょっと音が完璧に並びすぎている印象があり、かつ電子音が強めに収録されているので、却って書法の柔軟で自由な部分と厳格な部分のコントラストが分かりにくいのが辛いところ。併録の《二重の影の対話》はダミアン2回目の録音。

un portrait de PB さん | 東京都 | 不明

0

ブーレーズ、ピエール(1925-2016)に関連するトピックス

  • ブーレーズへのオマージュ(2CD) 「1964年にベルリンでピエール・ブーレーズ氏に初めて会い、それ以来52年の歳月が経過しました。これほど親しく、意義... HMV&BOOKS online|2017年02月11日 (土) 23:00
    ブーレーズへのオマージュ(2CD)
  • ブーレーズ:ピアノ独奏曲全集 演奏するマルク・ポントゥスはパリ出身で1950〜60年代のアヴァンギャルドをもっとも得意としています。 HMV&BOOKS online|2016年03月17日 (木) 13:40
    ブーレーズ:ピアノ独奏曲全集

おすすめの商品