ブーレーズ、ピエール(1925-2016)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ノタシオンズ、アンシーズ、他 D.フレイ(p)

ブーレーズ、ピエール(1925-2016)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
3857872
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ダヴィド・フレイ/バッハ&ブーレーズ

1981年生まれ、フランス出身のフレイのデビュ−。キーボード作品の最初期と最新作を提示して聴き手に幅広いキーボード作品を耳にしてもらいたいという意欲的な選曲がなされています。
 パリでルヴィエ、イヴァルディ、デセールに師事。またバシキロフ、プレスラー、バドゥラ=スコダらとも親密な関係にあり、エッシェンバッハの指揮でラヴェルの協奏曲を演奏しています。この録音では自作に関してブーレーズ自らのコンサルティングを受けて行われています。フランスの新進ピアニスト、フレイにご期待ください。(東芝EMI)

・J.S.バッハ:パルティータ第4番ニ長調
・ブーレーズ:12のノタシオン(ピアノのための)
・バッハ:フランス組曲第1番ニ短調 BWV.812
・ブーレーズ:アンシーズ
 ダヴィド・フレイ(ピアノ)

収録曲   

  • 01. Ouverture
  • 02. Allemande
  • 03. Courante
  • 04. Aria
  • 05. Sarabande
  • 06. Menuet
  • 07. Gigue
  • 08. 1. Fantasque - Modere
  • 09. 2. Tres Vif
  • 10. 3. Assez Lent
  • 11. 4. Rythmique
  • 12. 5. Doux et Improvise
  • 13. 6. Rapide
  • 14. 7. Hieratique
  • 15. 8. Modere Jusqu'a Tres Vif
  • 16. 9. Lointain - Calme
  • 17. 10. Mecanique et Tres Sec
  • 18. 11. Scintillant
  • 19. 12. Lent - Puissant et Apre
  • 20. Allemande
  • 21. Courante
  • 22. Sarabande
  • 23. Menuet 1 - Menuet 2 - Menuet 1
  • 24. Gigue

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
D.フレイは勿論有能なバッハ弾きだが、この...

投稿日:2020/09/17 (木)

D.フレイは勿論有能なバッハ弾きだが、この企画は高尚過ぎて理解できない。 肝心のバッハの演奏が、ブーレーズの作品の影響を受けて矮小化されているとしか思えない。

ばんどうくじら さん | 福岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
何だかデヴィッド・ボワイや、若い頃のミッ...

投稿日:2016/05/09 (月)

何だかデヴィッド・ボワイや、若い頃のミック・ジャガー、キース・リチャーズを思い出させる風貌ですが、ピアノは、センチメンタルでリリック、細かくよく練られていて、独特の美学を持っている。直ぐ、グールドと比較されてしまいますが、フランス組曲1番など、じっくり過ぎる位に弾き込んでいて、あっという間に終わってしまうグールドの演奏(あれは、あれで凄い)とは、大きく違っています。フレイのバッハは、琴線に触れました。サラバンド、メヌエットは特に。ブーレーズは、指揮したものは、私、聴けるんですが、ピアノ曲は、慣れるまで時間がかかりそうです。とあれ、優れた才を持ったアーティストの登場です。タイプは違うけど、シャマユーと共に、クラシックを面白くさせてくれそうです。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
ダヴィド・フレイDavid Frayは1981年南仏生...

投稿日:2015/01/27 (火)

ダヴィド・フレイDavid Frayは1981年南仏生まれの俊英ピアニスト。欧州ではバッハのピアノ協奏曲の自由闊達な演奏で話題になった。ニューヨークタイムズ誌の批評によると、音楽的にも技術的にも極めて洗練されており、そのアプローチは常に真剣で瞑想的なものだという。彼のバッハをディスクで聴くのは3枚目だが、実はこちらの方が早く発売されている。バッハの優美な2曲とブーレーズの精緻な2曲を交互に収録するという挑戦的なプログラム。この組み合わせはグレン・グールド著作集のタイトルを思い起こさせる。個人的にはバッハだけ集めて弾いてくれた方がよかった気もするが、両者を続けて聴くとバッハの音楽の抽象性というか普遍性がより強く意識されるから不思議。やはりこの人は耳が離せない。

やまと さん | 徳島県 | 不明

0

ブーレーズ、ピエール(1925-2016)に関連するトピックス

  • ブーレーズへのオマージュ(2CD) 「1964年にベルリンでピエール・ブーレーズ氏に初めて会い、それ以来52年の歳月が経過しました。これほど親しく、意義... HMV&BOOKS online|2017年02月11日 (土) 23:00
    ブーレーズへのオマージュ(2CD)

おすすめの商品