ブレグジット狂騒曲 英国在住保育士が見た「EU離脱」 FUKUOKAUブックレット

ブレイディみかこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784863291737
ISBN 10 : 4863291736
フォーマット
出版社
発行年月
2018年06月
日本
追加情報
:
57p;21

内容詳細

EU離脱派勝利の顛末を、英国社会に生きる著者が独自にリポート。移民問題、格差、右傾化、排外主義、緊縮財政…欧米でくすぶる諸問題。英国のブレグジット、米国のトランプ現象は世界に波及して行くのか。…そして、日本は。

目次 : 1 ブレグジットはトランプ大統領誕生劇に似ていたのか/ 2 ブレグジット疲れとデモクラシー疲れ/ 3 ソフト・ブレグジットとハード・ブレグジット/ 4 ブレグジット騒動の本質/ 5 欧州の新左派・反緊縮派が目指すもの/ 6 「パンと薔薇」/ 7 階級社会とチャヴ差別/ 8 反緊縮の旗頭コービンの立ち位置/ 9 英国は日本の未来図か

【著者紹介】
ブレイディみかこ : 1965年、福岡県生まれ。保育士、ライター、コラムニスト(英国ブライトン在住)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ののまる さん

    わかりやすい!ブレイディみかこさん、好きだなあ。

  • Yoko さん

    ブレイディさんの著書を読むのは初めてで、立ち位置が違えばまた違った見方にもなるとは思いましたが、読み易く面白い文章なのがいいです。私は政治にも経済にも精通してませんが、「借金は罪ではない」では、メルケルさんを借金に一番うるさい人と言っていたりして面白いなと思いました。日本の保育所については厳しく言ってくれた方がいいけど、イギリスの保育所も制度が進んでいても現実はまた別だと思うし、衛生面でも日本人とは感覚が違うという話をよく聞きます。ギリシャ危機の日本のメディアについては同意見。あれはドイツも悪いと思うけど

  • 蒼 さん

    講演会の内容を補足したブックレット。「THIS IS JAPAN - 英国保育士が見た日本」を既に読んでいて、また著者の新聞への寄稿なども読んでいたので、特に目新しいことはなかった。ブレイディみかこさん、反緊縮や階層社会がベースであっても、もっと個人的なエピソードを交えたエッセイが読んでみたい。「花の命はノー・フューチャー」は痛快に面白かった。新刊がいくつか予定されているようなので期待。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブレイディみかこ

ライター・コラムニスト。1965年福岡市生まれ。県立修猷館高校卒。音楽好きが高じてアルバイトと渡英を繰り返し、1996年から英国ブライトン在住。ロンドンの日系企業で数年間勤務したのち英国で保育士資格を取得、「最底辺保育所」で働きながらライター活動を開始。2017年、『子どもたちの階級闘争』(みすず書

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品